工学院大学とは工学院大学

寄付金の所得税法上の優遇措置

本学園は、文部科学省から「特定公益増進法人」として認可されています。学校などに寄付された場合、個人、法人に関わず、税制上の優遇措置を受けることができます。また、平成23年度(2011年度)の税制改正により、個人に対する寄付の控除制度が変わり、本学園も文部科学省から「税額控除に係る証明書」の発行を受けております。これまでの「所得控除」に加え、あらたに「税額控除」も適用が受けられるようになりました。寄付者の選択により、どちらか有利な方を活用することができます。

●個人の寄付に対する優遇措置

〈所得控除の場合〉 寄付金額(所得の40%が限度)−2千円を所得から控除
〈税額控除の場合〉 寄付金額(所得の40%が限度)−2千円×40%を所得税額から控除(所得税額の25%が限度)
後日、本学から「寄付金受領書」と「特定公益増進法人であることの証明書」(写)、「税額控除に係る証明書」(写)をお送りいたします。寄付金振込時の「領収書」は、学園からの「寄付金受領書」がお手元に届くまで、大切に保管してください。

●法人・団体の寄付金に対する優遇措置

日本私立学校振興・共済事業団の「受配者指定寄付金」の制度をご利用いただいた場合、全額が損金に算入することができます。
手続き完了後、後日お送りする日本私立学校振興・共済事業団発行の「寄付金受領書」をもって損金算入の手続きをしてください。
また、上記によらず「特定公益法人にたいする寄付金」として寄付される場合は、(資本金等の額×0.375%+当該年所得×6.25%)× 1/2の額を損金算入することができます。後日、本学から「寄付金受領書」と「特定公益増進法人であることの証明書」(写)をお送り しますので手続きをしてください。

おすすめページ

学園総合案内
学園総合案内パンフレットをデジタルパンフレットとPDFでご覧いただけます。

工辞苑 工学院を知るためのキーワード