建築学部の特色

01日本初の建築学部で、12分野から広く、深く学ぶ

1・2年次は3学科共通で幅広い知識を身につけ、3・4年次に12分野の一つに軸足を置きながら他分野も興味に合わせて自由にカスタマイズして履修し、専門性を高めます。受験時に「建築学部総合」で出願して3年次より学科を決めることも、入学時の学科を3年次に変更することも可能です。1・2年次に深めた建築への理解をふまえ、選択する道が幅広く用意されています。

* 建築学部は、受験時に学科を選ぶ出願方法に、3年次に学科を選ぶことができる「建築学部総合」を加えた4つの出願方法があります。

02工学、芸術、社会など広範な領域を総合して建築を学ぶ

建築学を工学の一分野としてのみ捉えるのではなく、芸術や社会の視点をふまえた多彩で幅広い学問領域として学ぶことに重点を置いたカリキュラムを用意。総合的な技術として建築学を修得し、建築とその周辺分野の素養を持った人材を求める社会のニーズに応えます。

03一級建築士の資格取得をサポートするカリキュラム設定

一級建築士を受験する際に求められる要件として、修得が必須とされる指定科目のほとんどが1・2年次の必修科目に含まれます。その実績として超難関の国家試験といわれる一級建築士の資格試験に、毎年、本学部の卒業生から全国上位の人数の合格者を輩出しています。2015年度は全国6位にランクインしました。

04建築の多彩な分野を網羅する充実した教員陣

構造や設計、都市・建築デザイン、環境、インテリア、安全、福祉などさまざまな分野の、国内外で活躍する多彩な教員が揃います。豊富な実例を背景に、最新事情を学んだり、今起きている課題にも実践的に取り組める環境です。また教員の多様性を生かして共同プロジェクトに関わるなど、学科を越えた横断的な取り組みも行われています。

社会における各学科のアプローチ例

住宅
【まちづくり学科】 郊外団地・環境配慮建築・建築設備
【建築学科】 木造建築物・住宅供給システム・快適環境
【建築デザイン学科】 高齢者障害者住宅・エコロジー・保存修復

商業施設
【まちづくり学科】 都市デザイン・建築設備
【建築学科】 構造デザイン・耐震化・省エネルギー
【建築デザイン学科】 建築空間デザイン・インテリア・保存修復

公園
【まちづくり学科】 環境共生・ランドスケープ・都市防災
【建築学科】 地殻・建築計画
【建築デザイン学科】 環境行動・建築空間デザイン

道路
【まちづくり学科】都市デザイン・都市構造・都市防災
【建築学科】地殻・耐震化・材料
【建築デザイン学科】 建築史・環境行動

教員同士のコラボレーションで実践的な建築教育の場を提供

2013 年に、八王子キャンパスに竣工した弓道場・ボクシング場は、建築デザイン学科の冨永祥子教授が設計を行い、建築学科の河合直人教授が構造実験を担当しました。また建築学部1年生が制作したコンクリート平板が弓道場の一部に組み込まれるなど、建築教育の生きた教材にもなっています。


建築学部の学科

工学院大学入試サイト(http://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上