工学院大学学生支援GP「いのち・つなぐ・ちから」

地域とのコミュニケーションを活かした新しい防災・学生支援の取り組み
トップ > ニュース・イベント > 学生支援GP連携・防災シンポジウム(3/27開催)

ニュース・イベント


学生支援GP連携・防災シンポジウム(3/27開催)

掲載:2010/03/03
いのち・つなぐ・ちから
みんなの力で大震災から“まち"を救おう!
概要

近年、世界各地で地震災害が多発しています。日本も例外ではなく、首都直下地震や東海・東南海地震といった大規模な地震がいつ発生してもおかしくありません。今回の防災シンポジウムでは、首都・東京が大地震に直面したとき、どのような被害がでるのかを、コンピュータ・シミュレーションや実験映像などを見ながら解説します。さらに、そうした大震災に備える、大学・学生と地域が連携した新たな取り組みとして、工学院大学の学生支援GP「いのち・つなぐ・ちから」の活動を紹介します。

都心と郊外に拠点をもつ工学院大学が、理工系大学の特色をいかして実践する新たな取り組み。「みんなができること」「みんなでできること」を考え、みんなの力で大震災から“まち"を救おう!


本シンポジウムは、国際惑星地球年(IYPE)が行うイベント「惑星地球フォルム2010 in アキバ -君たちと考える 環境・防災・資源-」の一部として実施いたします。このイベントは、主として未来を担う青少年(高校生)を対象に「環境」「防災」「資源」の3テーマをとりあげて、最新の成果をわかりやすく解説するとともに、メッセージを発信する内容となっており、シンポジウムでは「防災」に関する本学の取り組みを紹介します。

なお、本事業は文部科学省・学生支援GP「いのち・つなぐ・ちから」の助成を得て実施します。

プログラム
ごあいさつ
工学院大学副学長 長澤 泰
大震災で首都・東京はどうなるの?
工学院大学建築学科教授 久田嘉章
工学院大学・学生支援GP『いのち・つなぐ・ちから』って、なに?
工学院大学学生部長 佐藤光史
理工系大学の特色をいかした学生支援GP『いのち・つなぐ・ちから』の取り組み
工学院大学建築学科准教授 村上正浩
学生支援GP『いのち・つなぐ・ちから』で活躍する大学生からのメッセージ

−私たちができること、私たちにもできること−
《“まち”の防災力を高めたい!》

《何よりも大切ないのちを救いたい!身近なものを使った応急救護》
おわりに
工学院大学 学生部長 佐藤光史
日時 2010年3月27日(土) 10時 〜 12時
会場

富士ソフトアキバプラザ6階(JR秋葉原駅中央改札口より徒歩2分)
惑星地球フォルム2010 in アキバ内イベントブース

入場 先着120名、入場無料・申し込み不要
お問い合わせ先 工学院大学 学生部 新宿学生課
〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
TEL:.03-3340-0868/FAX.:03-3342-5304
E-mail:sgakusei_gakusei@sc.kogakuin.ac.jp
その他
このページのトップへ戻る
ニュース・イベント

PDFをご覧になるにはプラグインが必要です。プラグインは以下サイトよりダウンロードできます

アドビADOBE READER
Copyright (c) Kogakuin University (Japan). All Rights Reserved