就職・キャリアキャリアデザイン

資格をとる

大学で取得できる資格や免許の数々は、目標とする進路の実現や社会に出てからのキャリアアップにつながります。
自分の適性や将来希望する職業など卒業後の将来像をしっかりと見据え、仕事に生かせる資格取得を目指してください。

主な資格について

資格取得可能学科はこちらへ

教職(教員免許)

工学院大学では、教職課程があり、本学では、約1,000人の卒業生が、全国の中学校・高等学校で教員として活躍しています。
工科系大学としては、取得可能な免許の種類が多いのも本学の教職課程の特徴です。

教職特別課程

本学では、他大学の卒業生で教員免許を取得しようとする人のために、全国でも数少ない「教職特別課程」という1年間のコースを設けています。
社会人が履修できるように夜間の授業で必要単位の修得が可能です。

学芸員

学芸員とは、博物館・美術館・産業博物館・科学博物館・動物園・植物園・サイエンスセンター・プラネタリウムなどで、資料収集・保管・展示および調査研究などに関する情報を、正しく社会に伝える社会教育の専門職です。
本学では、13年前に工科系大学として初めて学芸員課程を設置。必要な単位を取得し、卒業することによって学芸員の資格を取得することが可能です。

技術者教育プログラム(JABEE)

本学では、国際水準のエンジニア育成のための技術者教育プロクラム(JABEE)を、2学部3学科で実施しています。
本学は、私立大学で初めてこのプログラムの認定を受け、専門分野に加え、国際感覚、創造性、コミュニケーションスキル、マネジメント力を育んでいます。

社会貢献活動支援士

社会貢献活動支援士は、社会貢献、防災・減災、ボランティア、福祉、環境等の専門知識を身につけ、災害やボランティアの現場でリーダーシップをとり、活動することができる人材であることを認定する制度です。工学院大学・神戸学院大学・東北福祉大学は、「YKK3大学連携プロジェクト」を立ち上げ、防災・減災・ボランティアを中心とした社会貢献教育を展開しています。
 
 

取得できる資格の紹介

技術士(技術士補)

科学技術者にとって国内で最も権威のある資格。コンサルトや計画、分析、試験評価など高度で幅広い業務をこなす。技術士補は、技術士を補助するもので、技術士をめざす人にとって近道な資格。
Engineering Intern(EI)又はEngineering in Training(EIT)
技術分野での国際的資格である米国のPE資格。その一次試験であるFE試験は、工学系大学生の技術者としての能力を判定する日米共通テスト。FE試験の合格でEI又はEITの資格が得られる。

本学は、修習技術者の育成・技術指導・支援活動を目的に工学院大学技術士会を運営しています。

工学院大学技術士会について

毒物劇物取扱責任者

毒物及び劇物(塗料、染料、農薬など)の製造、輸入、販売を行うにあたって、管理・監督するのに必要な資格。保健衛生面上の危害防止に努める、毒性劇性の著しい化学薬品の取扱責任者。

危険物取扱者(甲種)

危険と考えられる引火性・発火性の物品(危険物)を取扱い、またはその取扱いに立ち会うために必要となる資格。甲種と乙種があり、甲種は、すべての種類の危険物の取扱いと立会いができる。

第1級陸上特殊無線技士

第1〜3級に区分され、第1級は多重無線設備(1つの周波数の電波に、信号をいくつも同時に乗せて通信する送受信機)を使用した、比較的大きな規模の固定局などの無線設備の操作を行える。

第2種電気工事士

一般用電気工作物(住宅、店舗等)の電気工事ができる。電気工事は電気工事士の資格がないと行えない。取扱範囲によって第1種、第2種の2区分に分かれている。

電気主任技術者(第1種)

すべての事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督ができる。

電気主任技術者(第2種)

電圧17万V未満の事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督ができる。

電気主任技術者(第3種)

電圧5万V未満の事業用電気工作物の工事、維持及び運用(出力5,000kW以上の発電所を除く)に関する保安の監督ができる。

電気通信主任技術者

電気通信ネットワーク全体の監督者。ネットワークの工事、維持または運用に関する監督、設備責任者に対して意見、助言を行う。

総合無線従事者 第1・2・3級総合無線通信士

船舶局や漁業用の海岸局・航空関連の無線設備における通信操作、船舶や航空機に設けられた無線設備の技術操作に従事する。操作範囲により、1〜3級に区分される。

海上無線従事者 第1・2級海上無線通信士

船舶と通信を行うために地上に設けられた無線設備および船舶が航行するための無線設備で通信操作ができる。操作範囲により、1〜4級に区分される。

陸上無線従事者 第1・2級陸上無線技術士

放送局からタクシー無線まで、陸上における無線局設備の技術操作、維持管理を行う。操作範囲により1、2級に分かれている。

第3級海上特殊無線技士

沿岸漁船用の無線電話とレジャーボートやヨットなどに設置される5W以下の無線局の設備を操作できる。

1級建築士

国土交通大臣の免許を受け、設計、工事計画の立案、現場管理、監督まで、建築全般業務を行う。小規模な住宅から高層ビルなど、あらゆる建築物の設計・工事監理を行うことができる。

2級建築士

都道府県知事の免許を受け、設計、工事計画の立案、現場管理、監督まで、建築全般業務を行う。業務対象は、木造の住宅や、小規模な鉄筋コンクリート造などの建物(延べ面積300m2以内)。

木造建築士

都道府県知事の免許を受け、木造の建築物に関し、設計、工事計画の立案、現場管理、監督まで、建築全般業務を行う。業務対象は、木造建築物で延べ面積が300m2以内、かつ2階建以下のもの。

建築設備士

建築設備全般(空調・換気、給排水衛生、電気等)に関する知識および技能を有し、建築士に対して、建築設備の設計・工事監理に関する適切なアドバイスを行う。

設備士

(社)空気調和・衛生工学会が主催する建築設備における空気調和、給排水、衛生設備の設計、工事監理、環境衛生管理および調査を行う専門技術者を認定する資格。

インテリアプランナー

オフィス、商業施設、住宅などの幅広い建築物を対象に、空間構成・室内環境の計画や内装構法・仕上げ材料の選択等インテリアの企画・設計から工事監理までを行う。
 

工辞苑 工学院を知るためのキーワード