就職・キャリアキャリアデザイン

進学・就職の考え方

人生のターニングポイントの重要な選択

工科系学生は、文科系学生に比べると大学院に進学する割合が非常に高いと言えます。背景には「修士に進んでやっと本格的な専門の研究ができる」「将来、研究や開発の仕事に就くためには、修士レベルの深い見識が必要だ」という工科系ならではの事情もあります。基礎的な勉強の多かった学部時代を経て、より深く専門分野について学びたいと考えるのは当然なことですし、工科系の修士卒という経歴が就職活動において不利になることはありません。メーカーの研究職採用では大学院卒以上を求めている企業が多いですし、一般的に外資系企業では大学院卒は有利になります。

しかしながらその一方で、工科系の専門性とまったく関係ない分野や工科系の専門的知識や技術を活かした企画、広報や営業職に進もうと考えたとき、学部で就職したほうが有利になる場合もあります。
いざ将来の進路を考えるとき、工科系学生はその専門性が高ければ高いほど自らの選択肢を狭めてしまっているケースも少なくなかったり、経済的な負担が増えることも考慮しなければなりません。しかし実際、視野を広げて見てみれば、工科系学生は文科系学生と比較して、さらに多くの進路を選ぶことが可能なのです。例えば、通常の就職活動の「自由応募による就職」のほか、「学部学科・教授推薦を利用した就職」「技術系専門職公務員への就職」 と、多様なパターンがあります。またタイミングが合えば、並行して複数の進路選択に挑むことも出来ます。例えば、「就職活動がうまくいかなかったから、大学院に進学しよう」というような戦略も十分に可能です。

これらのことを総合的に考え、一歩立ち止まって、冷静に自分の進みたい道を見極めることが非常に重要です。

自分の適性や将来希望する職業など卒業後の将来像をしっかりと見据え、仕事に生かせる資格取得を目指してください。

工辞苑 工学院を知るためのキーワード