施設情報ものづくり支援センター

安全に対する取り組み


本学では、ものづくり支援センターの各施設(ものづくりラボ、TECC、ふらっと)の利用に際し安全に対する取り組みとして、利用前にガイダンスを開催しています。
ガイダンスでは、以下の資料での説明を行い、安全教育を徹底しています。

安全規則の遵守

1.基本的な事項

1.1   無遅刻、無欠席(授業時)
1.2   時刻厳守:遅刻するとそのテーマを受講できません ×(授業時)
1.3   開始5分前テ−マ実施場所へ集合して準備(授業時)
1.4   工場内で走ってはいけない
1.5   指定の作業衣と名札を着用  
1.6   サンダルと下駄履きは禁止 ×
1.7 a)  脚部を完全に覆う靴と衣類を着用
  b)  スカ−ト、ハイヒ−ル、ロングブーツ禁止
1.8   端正な服装,長髪を結束収納
1.9   首紐・袖紐,過剰な装飾・腰下げ鎖・鍵類禁止
1.10   工場内では携帯電話の電源を遮断
1.11   自分の課題が終了しても他者の作業領域へ入らない(妨害行為)

安全作業のための基礎

<安全の手引き>

事故例と原因

① フライス盤使用中
 手袋が回転している工具に巻きこまれ右掌に大怪我
 手袋使用禁止,袖や裾部の締めが大切
② 旋盤使用中
 長く伸びた「切り屑」が右足首に絡まりアキレス腱を裂断
 加工条件の選択,周囲への注意力,切りくずの処分
③ 旋盤使用中
 回転しているチャックと刃物台の間に右第一指を挟まれ爪部を圧潰した.全治ニ週間
 注意力不足であった,作業の余裕が必要

安全作業の手引き

<作業安全のための服装>