応用化学科

食品化学工学研究室

八王子キャンパス 研究室ホームページはこちら

植物の機能から食品を考える

主な研究テーマ

  • 植物のアミノ酸代謝制御機構の解明
  • カロテノイド生合成経路の解明
  • 植物を利用した機能性物質の生産

キーワード

植物機能 / アミノ酸 / 遺伝子 / 機能性食品

指導教員

山田 昌治 教授 / 杉山 健二郎 講師

研究内容紹介

植物が創りだす化学物質の中には、食品のおいしさや機能性に関わる成分が数多くあり、機能性食品などに応用されています。私たちは、そのような有用成分が、植物の体内でどのように生合成されるのかを遺伝子レベルで明らかにすることを目的として、植物体内の化学物質の分析、それらの生合成に関わる遺伝子の機能解析、およびそれらの生産性の評価などにチャレンジしています。有用成分の大量生産や、新たな機能を付与した高付加価値食品の開発などに役立てることをめざして研究しています。

工学院大学の情報を探す FIND INFORMATION