応用化学科

有機高分子化学研究室

八王子キャンパス 研究室ホームページはこちら

有機化学を駆使して“ はたらく物質”と技術を創り出す

主な研究テーマ

  • ラジカル捕捉型酸化防止剤の分子設計
  • 紫外線吸収型酸化防止剤の合成
  • 機能性高分子の合成

キーワード

有機機能性物質 / 酸化防止剤 / 高分子安定剤 / 紫外線吸収剤 / 機能性高分子

指導教員

小林 元康 教授 / 山口 和男 講師

研究内容紹介

プラスチック、ゴム、塗料などの高分子材料は、身の回りで多く使われている素材ですが、有機化合物であるために製造、加工、使用時にさまざまな要因(空気、熱、光、不純物など)により酸化劣化してしまいます。これを防止する酸化防止剤を分子設計して、極めて微量でもプラスチック製品の劣化を高効率で防止する技術について研究しています。また、高分子量体ならではの興味深い挙動を示す高分子試薬の合成も行っています。いずれの研究にも有機化学が応用されていて、新しい物質、技術の創生に挑戦しています。

工学院大学の情報を探す FIND INFORMATION