応用物理学科

物理情報システム研究室

新宿キャンパス

溢れるほどの情報を瞬時に伝え、加工し、保存する

主な研究テーマ

  • 通信品質を高める誤り制御・誤り検出技術
  • 高密度情報記録のための信号処理技術
  • 情報通信に役立つ最適化アルゴリズムの研究 

キーワード

情報理論 / ディジタル信号処理 / マルチメディア / 情報記録 / アルゴリズム

指導教員

斎藤 秀俊 教授

研究内容紹介

私たちの日常生活では、さまざまな情報に溢れ、情報は巨大なデータの集まりとなっています。その中で、必要な情報を収集して保存し、いつどこでも、素早く安全に正確な情報を伝える環境を実現することは重要です。こうした環境をより良く実現するため、円滑なデータ処理活動を支える新しい基盤技術の研究に取り組んでいます。この研究を通じて、人々が快適に安心してコンピュータを利用できる環境に適したディジタル通信システムの考案や設計、大容量な情報記録装置などの開発や実用化に役立ちます。