応用物理学科

結晶成長研究室

八王子キャンパス 研究室ホームページはこちら

次世代を担う新規デバイス用結晶の製作とその応用展開

主な研究テーマ

  • 物理的・化学的結晶成長手法における成長メカニズムの解明
  • 窒化物および酸化物半導体結晶を用いた光・電子デバイスの製作
  • 窒化物および酸化物半導体材料の結晶成長

キーワード

結晶成長 / 化合物半導体 / 光デバイス / 電子デバイス

指導教員

山口 智広 准教授

研究内容紹介

私たちが生きる情報化社会において、半導体材料は欠かせないものとなりました。科学・技術が今後果たすべき役割は、更なる高度情報化社会の実現と共に、環境に配慮した持続可能な社会実現のための基幹技術確立にあります。本研究室では主に、光通信機器・照明機器・太陽電池に代表される光デバイスや、高周波通信機器・家電機器などの電子デバイスなどにおいて、一番の基幹となるデバイス用材料の結晶成長を行っています。また、これまでに確立された結晶成長法を基盤技術として、省エネ・高性能・多機能デバイスを実現する次世代新規材料の探索や結晶成長手法の開拓に挑戦しています。