応用物理学科

固体物性研究室

八王子キャンパス

光物性・光エレクトロニクスの研究

主な研究テーマ

  • 次世代トランジスタ用半導体の研究
  • 集積化マイクロLEDの製作
  • 深紫外線発光・受光デバイス材料の探索 など

キーワード

ワイドギャップ窒化物・酸化物半導体 / 光デバイス / トランジスタ / 量子

指導教員

尾沼 猛儀 准教授

研究内容紹介

光物性とは、光と物質の相互作用の諸現象を総称する言葉です。光物性を学ぶことで、光の反射・吸収・発光・散乱などの身近な現象に対する理解が深まります。また、光物性は、発光ダイオードや半導体レーザー、太陽電池などを扱う光エレクトロニクス技術の基盤としても研究されています。例えば、青色発光ダイオードの発明には、半導体結晶の製作と共に導電性制御や量子構造の最適化、欠陥制御などの光物性を基盤とした研究が不可欠でした。光物性から次世代のイノベーションを起こしましょう!