生命化学科

ゲノム制御医科学研究室

八王子キャンパス新宿キャンパス

ゲノムが解き明かす生命の不思議

主な研究テーマ

  • ゲノム情報の発現の制御機構の解析 
  • ヒトのがんの発症機構の研究
  • ヒト遺伝子の転写制御の研究

キーワード

DNA / RNA / 遺伝子 / ゲノム

指導教員

水島 純子 教授

研究内容紹介

人はみな、もとをただせば1個の受精卵にいきつきます。たった1個の細胞が分裂を繰り返し60兆個の細胞に増え、人間の形を形成します。60兆個の細胞は、みな同じ30億文字からなるゲノム情報を持っていますが、心臓ができたり、骨ができたりと、細胞はさまざまな臓器や組織に分化します。これはどうしてなのでしょうか? この答えをゲノム情報の発現の制御機構を解明することでつきとめていきます。また、これらの解析結果をがん、脳卒中、糖尿病、心疾患といった病気の治療にも役立てていきます。

本研究室では東京大学の菅野・鈴木両研究室と共同で、肺癌の原因となる遺伝子の変化をつきとめる研究を行っています。