生命化学科

生物資源化学研究室

八王子キャンパス 研究室ホームページはこちら

生物資源は社会の利益を生む「お宝」だ

主な研究テーマ

  • 微生物による環境修復システムの構築
  • 生理活性物質の作用機構の解明
  • 酵素-光半導体ナノ粒子の開発

キーワード

微細藻類 / 窒素固定細菌 / 植物 / 海洋生物

指導教員

阿部 克也 准教授 / 油井 信弘 准教授

研究内容紹介

微生物は、私たちにとって有用な物質を与え、今問題となっているさまざまな環境汚染物質を除去してくれる可能性をもっています。現在の生活環境を向上させるために微生物の利用は大変重要なことです。本研究室では、優れた生物機能をもつ微生物を探し求め、得られた微生物による有用物質(機能性食品や生理活性物質など)の大量生産および環境汚染物質の除去について研究しています。また、生物資源を用いた環境に優しいバイオ太陽電池などのバイオデバイスの開発研究も行っています。