環境化学科

環境化学科

環境化学科の特徴

豊かな自然と快適な生活を化学で実現する

化学系の基礎科目や実験・実習を通して、環境の実態を捉え、改善する方法を学びます。さらに、最先端の化学技術を駆使して、環境を保全する技術や環境負荷を低減する技術をつくり出し、持続可能な社会に貢献できる技術者・研究者を育成します。

【キーワード】環境システム工学/大気汚染防止/水処理/土壌浄化/オゾン処理/地球温暖化/環境材料化学/再生可能エネルギー/燃料電池/環境調和型材料/熱電変換/リサイクル/環境評価・設計/ライフサイクルアセスメント(LCA)/環境経営/低炭素社会/計算化学/環境材料設計
学びの領域

社会につながる工学院大学の学び

環境化学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
自然科学の歩き方
○微分
○積分
○偏微分
重積分
微分・積分演習
偏微分・重積分演習
線形代数 1
線形代数 2
線形代数 3
線形代数 4
○物理学 1
物理学 2
物理学実験
物理学演習
○化学 1
○化学 2
化学実験
○生物学
生物学実験
○地学
地学実験
○情報処理入門
情報処理演習
専門基礎科目
環境化学概論
有機化学基礎
△地球環境工学
△物理化学 I
△無機化学 I
△有機化学 I
△分析化学 I
△生物化学
学部共通基礎科目
生命化学概論
応用化学概論
応用物理学序論
機械理工学概論
物理数学
回路理論 I
プログラミング論 I
工学基礎英語1
工学基礎英語2
実験系
環境化学基礎実験
演習系
物理化学演習 I
B群
幾何学 I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学実験
地学実験
専門基礎科目
△物理化学 II
△無機化学 II
△有機化学 II
△分析化学 II
実験系
△物理化学実験
△環境分析実験
△機器分析実験
演習系
物理化学演習 II
移動現象演習
数値計算法及び演習
図学及び製図演習
A群
△移動現象
△大気環境工学
△環境材料化学
環境施設見学
機械工学・材料加工学概論
化学工業総論
B群
化学工学基礎
くらしと化学
安全化学
無機・有機材料概論
物理化学概論
真空応用機器
微細加工技術
機構学及び機械要素
幾何学 II
微分方程式論
知的財産権法
化学総合
物理学概論
地学概論
環化物理学実験
実務のための知的財産権

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学実験
地学実験
実験系
○環境化学実験 A
演習系
分離工学及び粉粒体工学演習
装置設計演習
卒業論文系
環境化学セミナー
A群
△分離工学
△粉粒体工学
△化学装置設計
△水環境工学
△土壌環境工学
△LCAと企業
△環境政策と地域開発
△環境エネルギー工学
△高分子材料化学
△材料強度学
△エネルギー装置設計
電気・計測工学概論
環境化学特別講義
学外研修
B群
代数学
ベクトル解析
複素関数論
応用解析学
統計学
地球科学実験

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
卒業論文系
○環境化学特別実験
○卒業論文
B群
計画工学
労働法規
職業指導
【2016年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

◎社会貢献活動支援士
●毒物劇物取扱責任者
□危険物取扱者(甲種)   □設備士
◆中学校教諭一種免許状
◆高等学校教諭一種免許状
◆学芸員
※施工管理技士(建築、電気工事等)


◎:所定の科目を修得することにより、受験資格が得られる。
●:卒業と同時に資格取得
□:卒業後、受験資格が得られる
  (危険物取扱者(甲種)は、在学中でも所定の条件を満たせば受験資格が得られる)
◆:教職課程履修者、学芸員課程履修者
※:卒業後、1級は3年以上、2級は1年以上の実務経験で、受験資格が得られる。学科により、適用される種目が異なる。

卒業後の進路

主な就職先(2016年3月卒業生)

旭化学合成(株)、いすゞ自動車(株)、(株)イワキ、(株)ウェルシィ、エバークリーン(株)、荏原実業(株)、FDK(株)、環境保全(株)、(株)共和電業、金属技研(株)、KOA(株)、三機工業(株)、山九(株)、(株)サンテックインターナショナル、芝工業(株)、昭和KDE(株)、昭和電線ホールディングス(株)、(株)大気社、大成ラミック(株)、ダイダン(株)、(株)太平エンジニアリング、高砂熱学工業(株)、高千穂化学工業(株)、中外テクノス(株)、千代田工商(株)、DIC(株)、東亜工業(株)、東罐興業(株)、(株)東急コミュニティー、(株)東京エネシス、東京冷機工業(株)、(株)東芝、東芝プラントシステム(株)、日産自動車(株)、日曹エンジニアリング(株)、日本発条(株)、日本エアフィルター(株)、日本コーンスターチ(株)、日本設備工業(株)、(株)日本ピスコ、野村マイクロ・サイエンス(株)、(株)日立パワーソリューションズ、(株)日立パワーデバイス、(株)日立プラントサービス、富士通エレクトロニクス(株)、フジフーズ(株)、三浦工業(株)、三菱マテリアルテクノ(株)、矢崎総業(株)、(株)吉野工業所
【公務員】茨城県警察、宮城県市町村役場

化学系学科業種別就職割合

(2016年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • student 浅岡桃子さん
    環境エネルギー化学科(現・環境化学科)
    浅岡桃子さん

    実験のプロセスを通じて因果関係を多様な角度から考察する力を養えました

    「環境分析実験」では、大気、水、土壌などに含まれるさまざまな成分の質や量を正確に測定することの難しさを実感。また、実験結果に一喜一憂するのではなく、なぜそうなったのかを問い、多角的に考える重要性を学びました。地球規模での環境問題への意識も深まり、今後はマングローブ生態系での環境修復の研究に取り組みたいと思っています。
  • professor 並木則和
    環境化学科 学科長
    並木 則和 教授

    多様な糸口からアプローチすることが
    複雑な環境問題を解決するカギです

    環境問題の解決策は一つとは限りません。フィールドワークや環境試験装置の製作からナノレベルでの材料合成、コンピュータ上での新材料の探索など、現場から実験室や仮想空間まで多角的かつ多様なスケールでの環境問題の解決手法を学べるのが、本学科の特徴です。1 年次前期に物理・化学の他に生物や地学といった自然科学の学問体系を学んだうえで、1 年次後期から2 年次にかけて専門基礎科目の講義や実験等により化学の基礎を固めます。さらに、環境の研究に不可欠や分析手法や技術者に必要とされる製図の基礎を修得し、2 年次前期には環境保全施設の見学も行います。3 年次には化学製品や環境保全装置などをつくり出すために必要とされる化学工学を中心に学び、3年次後期には研究室へ配属、さらには大学院に進み研究を深めます。持続可能な社会に貢献したいと考える積極的な学生を歓迎します。