機械理工学科

航空熱流体工学研究室

数値解析で流れを見極め、次世代航空機を実現する

主な研究テーマ

  • 翼周り流れの流体制御
  • ランディングギア周り流れの数値解析
  • ジェットエンジンに関する基礎的研究 など

キーワード

航空宇宙 / 熱流体 / 数値解析 / プラズマアクチュエータ

指導教員

佐藤 允 准教授

研究内容紹介

航空宇宙分野は、その始まりから現在に至るまで日々進化を遂げており、今後も多くの技術革新が行われていくことが期待されています。本研究室では、様々な熱流体現象について数値解析を用いた研究を行っています。特に、高効率で低環境負荷な次世代航空機を目指し、航空機の各要素の性能改善を熱流体工学の側面から実現するよう取り組んでいます。具体的には、プラズマアクチュエ―タを用いた翼周り流れの流体制御、ランディングギアで発生する空力騒音の低減、高効率なジェットエンジン実現のための基礎研究などを行っています。