建築学科

石田研究室

新宿キャンパス

品質の高い建築を供給するための建築生産システム

主な研究テーマ

  • 建築工事における詳細設計の最適化に関する研究
  • モーションセンサーによる建築工事における作業分析に関する研究
  • 内装部材の詳細設計における規則の体系化に関する研究

キーワード

建築構法 / 建築工法 / 施工計画 / 内装工事 / 3次元計測 / BIM

指導教員

石田 航星 助教

研究内容紹介

よい建物を実現するには、建築物を成立させる設計の定石である「建築構法」に加え、実際に建物を作る手順を示す「施工計画」や図面通りに施工されたか確認する「検査技術」が重要です。加えて、最新の情報化技術の導入による従来にはない構工法を開発し、品質の高い建築物を社会に安定的に供給するための手法や技術について研究します。最終的には建築構法と建築工法の両方を理解したうえで、BIMや3次元計測などの最新のICT 技術を使いこなす技能を身につけた、建築産業における生産性向上に貢献する人材の育成をめざします。