大学・大学院紹介学部・学科

機械システムデザイン学科[2008年度募集停止]

複数分野にまたがる機械システムの設計者をめざす

機械システムデザイン学科では、機械の研究や設計、システムづくりなど、複数の学問分野にまたがる学習を行います。

例えば、自動車は多くの部品がタイミングよく働く巨大なシステムであり、その開発には、エンジン性能、振動騒音、高強度材料の利用、排気ガスのクリーン化、新燃料の開発などに関するさまざまな分野の技術が必要です。機械システムデザインとは、このような個々の技術とそれをシステムにまとめる技術を研究する学問です。

社会を維持発展させていくためには、今よりももっと高度な技術が必要となりますが、機械システムはそれらの技術の最も基本になるもの。その中でも、今日では環境にやさしいクリーンエネルギーの開発や、公害を出さない自動車の開発などが注目を集め、またその分野の人材の育成も急務となっています。

機械システムデザイン学科では、そのような社会の要求を踏まえ、体系立てた基礎理論の学習と、実習や演習に重点をおいた実験、情報処理などの学習を通して、新しい実践的機械工学教育を展開。将来、機械技術者として、社会の発展に貢献できる力を身につけることができます。 

関連ページ

シラバス

学生便覧

工辞苑 工学院を知るためのキーワード


大学・大学院紹介