大学・大学院紹介学部・学科

グローバルエンジニアリング学部 機械創造工学科 科目・授業一覧
※2015年度入学者募集停止

履修フロー(履修モデル)

履修フロー(履修モデル)

Get Adobe Reader
PDFファイルの閲覧にはAcrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてソフトをダウンロードしてください。

4年間の流れ

カリキュラム

1年次 グローバルエンジニアの理想像を考えるとともに、基礎工学知識の習得を図ります

世界で活躍してきた企業人を講演者に招き、真のグローバルエンジニアの理想像と技術者の倫理について学ぶ「国際工学概論」、Native Englishに慣れるための訓練を行う「Communication Skills for Global Engineers」などを通して、国際感覚やコミュニケーション力、交渉力などを育成します。 
また、数学、物理学、Statics & Dynamicsなど、基礎工学の土台を固めると同時に、英語で書かれた専門書や資料などを使用する講義で必要知識の強化を図ります。ものづくりの感覚と知識を養うため、エンジニアリングデザインも修得します。さらに、日本語をうまく使えるようにするため、文章の読解力、文章をまとめる力、プレゼンテーション力、会議の中での話し方なども学びます。
共通基礎科目 必修科目
  • 数学I・II
  • 数学演習I・II
  • 物理学I・II
  • 物理学演習I・II
  • 情報処理概論及演習
選択必修科目
  • 化学実験
専門基礎科目 必修科目
  • Statics and Dynamics I・II
  • 国際工学概論
選択必修科目
  • Engineering Design and Machining A・B
専門科目 グローバルエンジニアリング
基礎科目
必修科目
  • 日本語表現演習
選択必修科目
  • Communication Skills for Global Engineers IA・I B
専門工学科目II 選択科目
  • 世界の歴史認識(2年次にも選択可能)

2年次 専門科目を学ぶとともに、3年次から始まるECPの準備を行います

材料力学や流体力学、熱力学などで学んだ理論や知識を、実際の実験を通して理解すること。3次元CADの知識を用いて、実際に製品を設計し、機械図面を完成させること。この2点が、3年次から本格的に始まるECP(Engineering Clinic Program)の準備となります。
コミュニケーション力を培う一方で、世界の歴史などについても学び、国際感覚を養います。
共通基礎科目 必修科目
  • 線形代数学I
  • 微分方程式論
  • 物理学III
選択必修科目
  • ベクトル解析
  • 線形代数学II
  • 化学II
  • 物理学実験
専門基礎科目 選択必修科目
  • 物理学演習III
  • Engineering Design and Machining C・D
専門科目 グローバルエンジニアリング
基礎科目
選択必修科目
  • Communication Skills for Global Engineers II A・II B
専門工学科目I 必修科目
  • Engineering Clinic Program I A・I B
選択必修科目
  • 材料力学I・II
  • 熱力学I・II
  • 流体力学I・II
専門工学科目II 選択科目
  • 生命科学
  • 機構学及機械要素

3年次 産学連携のECPと海外研修。生きた工学的テーマに取り組みます

講義で学んだことを、企業から提示された生きたテーマに適用させる産学連携プログラム(ECP)に着手。数名のチームに分かれ、自分たちでプランを立てて問題を解決していきます。企業のエンジニアの指導を直接受けることができるだけでなく、さまざまなアイデアを、十分に時間をかけて実証することにより、実践力や創造力を鍛えることができ、特許申請に至った学生もいます。
また、問題解決能力を強化し、語学の能力を伸ばすため、すべての学生が海外の大学で研修を受けることができます。さらに、マネジメントなど経済感覚を身につけたい学生は、3〜4年次に「経済学の基礎」や「エンジニアリング マネジメント」などの受講も可能です。
専門科目 グローバルエンジニアリング
基礎科目
選択必修科目
  • Communication Skills for Global Engineers III A・III B
専門工学科目I 必修科目
  • Engineering Clinic Program IIA・II B
選択必修科目
  • 電気工学I・II
  • Engineering Clinic Program abroad
    • 材料基礎工学*
    • 医用機器*
  • ディジタル回路・コンピュータ工学
    • エンジニアのための医学*
  • エンジニアリング マネジメント*
    • リーダーシップと企業経営*
    • 国際企業論*
専門工学科目II 選択必修科目
  • Fundamentals of Engineering I
選択科目
  • 学外研修
  • 流体機械I
  • ロボティックスI
    • 応用熱力学*
    • 材料強度学*
    • 機械振動学*
    • プログラミング演習I*
    • 環境工学*
    • 国際関係と文化*
    • リスク マネジメント*
    • システムエンジニアリング*
※緑の色がついている科目は3または4年次に選択・取得可能。

4年次 ECPのまとめです。これまでに培った能力を思う存分発揮します

3年次に続いて、計画に従ってプロジェクトを遂行。最終目標として、企業に引き渡し可能な完成品をつくります。結果はレポートとして提出するほか、テーマを提供してもらった企業を訪問して発表会を行うこともあります。
ECPの成果は、3年次から学期末ごとにプレゼンテーションを行って報告するのですが、教員、学生の意見はもちろん、企業のエンジニアからの助言をもらいながら、その都度到達度を確認し、創造力やマネジメント力、コミュニケーション力を向上させていきます。
専門科目 グローバルエンジニアリング
基礎科目
選択必修科目
  • Communication Skills for Global Engineers IV A・IV B
専門工学科目I 必修科目
  • Engineering Clinic Program III
選択必修科目
  • Fundamentals of Engineering II
専門工学科目II 選択科目
  • 流体機械II
  • ロボティックスII
  • 知的財産権法

関連リンク

技術者教育プログラム(JABEE)

シラバス

授業時間割

学生便覧

機械創造工学科制作HP

機械創造工学科制作HP

http://www.kogakuin.ac.jp/another/hp/ge/


掲載内容

GE学部とは / 教員紹介 / カリキュラム一覧 / 産学連携型教育ECP / 技術英会話科目CSGE / 海外研修・留学制度 / 適性診断
など

工辞苑 工学院を知るためのキーワード


大学・大学院紹介