大学・大学院紹介学部・学科

アドミッションポリシー

先進工学部

先進工学部では、学生が教員とともに最先端の科学技術を開拓して行くことをめざします。各学科の基礎理論を系統的に学び、技術者・研究者の卵となることができるような問題解決手法を身につけます。大学院進学にて最先端科学技術を身につけて行くことを念頭に教育プログラムを実践しております。先端科学技術に興味を持ち、絶えず基礎学力の向上に努め、自ら学問に向き合うことのできる学生の入学を希望します。また、科学技術手法を駆使して社会に貢献する意欲あふれる学生の入学を期待します。

生命化学科

生命化学科では、学生と教員が共に、化学の知識・技術を用いて生命に関わるさまざまな課題に取り組みます。そして、生命化学科で行われている教育と研究を通して社会に貢献できる研究者・技術者を育成します。生命現象と化学の関わりに興味をもち、基礎知識・問題解決力の修得に努め、自ら学問に向き合える学生の入学を希望します。

応用化学科

応用化学科は、化学の力を使って「くらし」を支え「みらい」を拓き持続循環型社会の実現に寄与します。身の回りの素材や食品・バイオ分野の製品開発から、高分子化学、触媒化学、ナノテクノロジー、次世代エネルギーなどの最先端分野で広く活躍できる人材、すなわち、基礎学力と幅広い視野を身につけ応用力を備えた化学技術者や研究者の育成を目指しています。物質と人間生活や地球環境との関わりに強い興味と勉学意欲を持ち、化学の手法を駆使して社会に貢献することを志す学生の入学を希望します。

環境化学科

環境化学科では最先端の化学技術を駆使して、環境を保全する技術や、環境負荷の少ない材料・エネルギー技術を開発することができる技術者・研究者の育成を目指しています。基礎学力と科学的な思考力を備え、実験・実習を通して環境(大気、水、土壌)の実態を捉えて改善する方法を学び、持続可能な社会に貢献したいと考える積極的な学生を歓迎します。

応用物理学科

応用物理学科では、物理学の基礎理論を系統的に学びながら現代物理学に対する素養を身につけ、物理を応用することを学びます。そして、現代物理学とその関連分野の課題に対して実践的に取り組み、人間社会のために活用できる技術者や教育・研究者の養成をめざしています。自然界の物理空間における森羅万象の不変的な原理・法則だけではなく、21世紀に出現した人間社会が創り上げた情報空間における普遍的な現象・規則にも関心を持ち、物理的な考え方や手法を用いて社会に貢献することを志す学生の入学を希望します。

機械理工学科

機械理工学科では、国際的にコミュニケーション力を兼ね備えた世界で活躍できる技術者の育成を目的としています。「基礎・専門工学知識(知識力)」を基盤として、幅広い技術問題を理解できる教育を行い、その上で「ものづくり」を楽しむ学科です。コミュニケーションツールとしての英語の向上を目指し、ロボット、クルマ、医療機器、コンピュータなどに興味がある意欲あふれる学生の入学を歓迎します。

工学部

工学部では、実践的かつ幅広い教育を通じて専門家としての科学と技術を身につけ、多様な視点からものごとを捉え、持続型社会を支える科学技術の発展に寄与する技術者の育成をめざしています。そのため、基礎学力を有し、社会の基盤としての科学技術に関心を持ち、自ら積極的に勉学に取り組んで知識や能力を高めることができ、国際的に活躍する意欲を持った学生の入学を歓迎します。 

機械工学科

機械工学科では、「基礎学力」だけでなく、「豊かな感性」「柔軟な思考力」「自ら学び、自分の能力向上を図る意欲」を有し、「コミュニケーション能力」の素養があり、ものづくりに興味を持つ学生の入学を歓迎します。人間社会や地球・地域環境に配慮して総合的に物事をとらえ、国際的な視野に立つ幅広い知識と技術者倫理を持って、機械工学の専門領域まで見渡すことができる技術者の育成をめざしています。

機械システム工学科

機械システム工学科では、機械要素と知能を組み合わせて機能化した機械システムの設計や製造、管理などの分野で活躍する技術者の育成を目的とし、機械工学の主要科目をベースに、システム工学、ロボティクス、制御工学などの横断的な科目を学びます。そのため、「基礎学力」だけでなく、「自ら学び、自分の能力向上を図る意欲」を有し、「コミュニケーション能力」などの素養を持ち、ものの仕組みや、動きに興味のある学生の入学を歓迎します。

電気電子工学科(2017年4月電気システム工学科より名称変更)

電気電子工学科では、電気システム技術者として、エネルギー、資源、環境、交通、制御、安全など社会活動・生活全般の基盤となる技術分野で活躍する技術者の育成をめざしています。 特に情報技術(IT)とシステムの実践的実用知識の教育を充実させています。電気に関心があり、さらに情報技術(IT)やシステムの勉学にも積極的に取り組む意欲のある、地球と人に優しい心を持つ学生の入学を期待します。

建築学部

建築学部では、理系・文系を問わず、建築・都市に強い興味を持つ次のような方が入学されることを期待しています。
建築学部が求める人材は、まず建築やまちに興味があり、この分野を学びたいという強い動機と意志を持っている人材で、これは学科に関わらず共通して求められるポイントです。

まちづくり学科

建築は「まち」の一部であり、優れた建築の創造とは「まちづくり」への参加でもあります。まちづくり学科では、建築の基礎を十分に学んだ上で、行政による都市計画から市民主体によるまちづくり、環境共生や安全・安心、ランドスケープ(景観)に配慮したまちづくりなど、建築に加えて「まちづくり」も学びたいという意欲的な人材を求めます。

建築学科

人口減少社会、高齢社会、環境負荷軽減等の社会的な課題を背景として、建築をただ単に「つくる」だけではなく、それを使い続けたり、建築材料を資源として循環させたり、これからの新しい建築のあり方を規定するための高度な要素技術(計画、構造、設備、生産)を学びたいと考える好奇心旺盛な人材を求めます。

建築デザイン学科

単に美しいだけではなく、機能的にも優れ、快適で使いやすい建築のデザインとは何かを考え、建築の意匠デザイン、住宅・店舗等のインテリアデザイン、高齢者等に配慮した福祉住環境デザイン、重要な建造物の保存・再生に関わるデザイン等に興味を持ち、これからの新しいデザインを提案したい想像力あふれる人材を求めます。

情報学部

  1. 2015年度入試(2016年度入学生)から「情報学総合」を設けることにより、情報学という大まかな志望のなかで専門分野を決めきれない学生に対する入試制度を導入し、従来の学科指定入試と併用する。
  2. 推薦入試と試験による入試とによる入学者選抜を行い、適切な比率になるように努める。
  3. 推薦入試においては、面接を重視し、志望動機が情報学部および各学科のポリシーに合致しているかどうかを確認する。
  4. 試験科目は数学については、数IIIまでとし、理科を必須とする3科目入試を行う。

情報通信工学科

情報通信工学科では、将来の情報通信、情報メディア、情報デバイスに関わる上で必要となる総合的な基礎学力、柔軟な応用力及び創造力を兼ね備えた人材の養成を目標 として掲げています。このため、上記3分野に必要となる学力を養い、その上で専門教育を修得します。現在は漠然としたものでも構いませんが、情報技術に少しでも興味があり、かつ将来に夢を持ってこの分野に関わる面白い仕事をしてみようという学生の入学を本学科では大いに歓迎します。

コンピュータ科学科

コンピュータ科学科は、情報化社会にはなくてはならないコンピュータの利用を通して、人類社会に快適な生活環境を提供できる技術者の育成を目指しています。今や私たちの社会に欠かせないコンピュータの仕組み・基本技術や、ソフトウェア、データ科学、情報セキュリティ等への興味を持ち、数学的な基礎学力を持って国際的に活躍することを志す学生の入学を期待します。

情報デザイン学科

情報デザイン学科は、柱としてコンテンツ設計、人間情報処理、知識情報処理の三分野を掲げ、デジタルコンテンツ作成技術を理解し、人の行動を正しく分析でき、情報の効率的・効果的な利用法を的確にデザイン・開発できる技術者の育成を目指しています。豊かなコミュニケーション能力と共に数学的な基礎学力と柔軟な思考力を持ち、学科の掲げる柱を構成する分野に興味と熱意を持って、知識と技術の修得に意欲的に取り組める学生の入学を歓迎します。

システム数理学科

システム数理学科では、企業情報システム、社会情報システムを理解し、企業や社会が必要とする情報システムを企画、構築し、運用できる技術者を育成します。さらに、数理的な思考力を用いて、ビッグデータを扱う実践的なデータ科学を習得し、経営戦略、マーケッティング、企業情報戦略をリードできる技術者を育成します。日進月歩で進化する情報社会を自ら切り開いていく夢を持ち、それを実現するための数理に興味を持つ学生を歓迎します。

大学院

自らの可能性を開花させることに真摯取り組む人を求めます。
修士課程においては、学士課程で養った専門分野の基礎能力をもとに、研究分野の発展に寄与したいと望んでいる人、又は、高度な専門性を要する職業等に必要な能力を修得し、社会で活躍したいと望んでいる人を求めます。
博士後期課程においては、修士課程で養った専門知識と研究能力をもとに、自立して創造的研究を行う意欲のある人を求める。

機械工学専攻

機械工学専攻では、次のような人物を入学者として求めます。
  1. 機械工学基礎分野の知識を習得している人
  2. 高度な先進化・統合化された知識・技術の習得を希望し、国際的に活躍する意欲を有している人 

化学応用学専攻

化学応用学専攻では、次のような人物を入学者として求めます。
  1. 化学を基礎とした工学を深く学ぶことによって専門分野の知識を修得して、それをもとに社会で活躍したいと望んでいる人
  2. 質の高い研究成果をあげ、これを広く公表して、その研究分野の発展に寄与したいと望んでいる人 

電気・電子工学専攻

電気・電子工学専攻では、次のような人物を入学者として求めます。
  1. 電気・電子・情報通信工学に関する基礎学力を有する人
  2. 電気・電子・情報通信工学及び関連分野の専門知識を高めることに意欲を持ち、研究を積極的に遂行する人 

情報学専攻

情報学専攻では、次のような人物を入学者として求めます。
  1. 情熱と意欲を持って情報分野の研究に取り組み、継続して努力のできる人
  2. 情報分野に興味を持ち、何事にも真摯に向かい合い深遠な思考のできる人
  3. 情報化社会の様々な問題を解決するため、問題分析力と論理的な思考力の修得を目指す人
  4. 国際的な情報化社会で役立つ基盤となる学力の修得を目指す人

建築学専攻

建築学専攻では、次のような人物を入学者として求めます。
  1. 建築学の分野において、基本的能力を有する人
  2. 自ら真理を探究するための基本的能力と意欲を有する人
  3. 建築学における高度・専門領域を開拓しようとする意欲を持ち、その目的遂行のために努力を惜しまない人

システムデザイン専攻

システムデザイン専攻は、以下のような希望を持つ学部卒業生、社会人を受け入れます。
  1. 特定の技術をもとに、将来、起業を考えている人
  2. エンジニアリングに基礎を置いた企業の経営者を目指す人
  3. マネジメント力を活用し技術者として企業の中核となりたい人
  4. プレゼンテーション力などを身につけて、技術者や技術営業として活躍したい人
  5. 企業の海外部門、外資系企業あるいは外国の企業で技術者として活躍したい人

工辞苑 工学院を知るためのキーワード


大学・大学院紹介