電気電子工学科(2017年4月電気システム工学科より名称変更)

電磁力応用システム研究室

八王子キャンパス

電磁力の技術を応用して近未来のインフラを支える

主な研究テーマ

  • 新型アクチュエーターに関する研究
  • 非接触支持技術に関する研究

キーワード

リニアモータ/磁気浮上/モータドライブ/コアレスモータ/非接触給電

指導教員

森下 明平 教授

研究内容紹介

磁力でモノを浮かす磁気浮上、磁力でモノを動かすリニアモータ、モータを思い通りにまわすモータドライブ技術、鉄を使わない発電機やモータ・電線を使わない電力送電などの研究をしています。磁気浮上・リニアモータの技術は、JRの超電導リニアや名古屋のリニモ、東芝の磁気案内エレベータに使われています。モータドライブ技術は電気自動車の性能向上をめざしています。また、発電機は風力発電をより使いやすくすることを目標にしています。他にもいろいろなテーマがありますが、電磁力を使って環境調和や人々のくらしに役立つシステムを研究します。