電気電子工学科(2017年4月電気システム工学科より名称変更)

磁性ナノ材料工学研究室

八王子キャンパス 研究室ホームページはこちら

材料技術から電子デバイスや電気機器の可能性を探る

主な研究テーマ

  • 情報記録デバイスを対象とした材料研究
  • モータ、変圧器を対象とした材料研究
  • 磁区構造観察に関する研究 など

キーワード

電気電子材料/ナノテクノロジー/電子デバイス/電気機器

指導教員

大竹 充 助教

研究内容紹介

ハード磁気ディスク装置や磁気抵抗メモリなどの情報記録デバイスからモータや変圧器などのエネルギー変換機器まで、幅広い分野で磁性材料が活用されております。本研究室では、ナノ構造制御した状態で磁性材料を形成する技術、および、その物性評価に関して研究を行います。材料物性を正確に把握し、特性向上を図ることにより、情報関連デバイスの高度化やエネルギー変換機器の高効率化を目指します。