新着情報

掲載日:2018年01月24日
化学応用学専攻修士2年田畑絵理さんの食糧に関わる基礎研究の論文が国際学術雑誌 Scientific Reports に掲載されました

本学大学院化学応用学専攻修士2年 田畑絵理さんが中心になって行った食糧に関わる基礎研究の論文(第3報目)が、国際学術雑誌 Scientific Report注1) に公開されました。

英文論文タイトル:
Chitin digestibility is dependent on feeding behaviors, which determine acidic chitinase mRNA levels, in stomachs of mammal and poultry

日本語論文タイトル:
ほ乳類と家禽類の食性が,胃における酸性キチナーゼの mRNA レベルを決め,キチンの消化性を決める

Open Access なので、論文は以下より自由に閲覧・ダウンロードできます。

Scientific Reports 論文掲載

日本語での研究概要は生命化学科オリジナルホームページをご覧ください。

生命化学科ホームページ論文掲載ページ

本研究は、食糧に関わる以下の研究の3報目の報告です。

【ニュース】[2017/10/11掲載]化学応用学専攻修士2年田畑絵理さんの食糧に関わる基礎研究の論文が国際学術雑誌 Scientific Reports に掲載されました

【ニュース】[2017/7/28掲載]大学院博士前期課程2年田畑絵理さんの食糧に関わる基礎研究の論文が国際学術雑誌 Scientific Reports に掲載されました

この研究は、指導教員の生命化学科 小山文隆教授の日本私立学校振興・共済事業団 平成29年度学術研究振興資金注2)と日本学術振興会科学研究費補助金(科研費)基盤研究(C)に採択された研究課題の成果でもあります。

注1:Scientific Reports は、自然科学と臨床科学のあらゆる領域を対象とした国際学術雑誌で、ネイチャー・パブリッシング・グループ (Nature Publishing Group, NPG) より出版されています。Thomson Reuters 2016年度の impact factor は 4.259です。

注2:日本私立学校振興・共済事業団が広く一般から受け入れた寄付金を基金として運用し、その運用益により社会的要請の強い学術研究を助成し、特色ある学術研究の振興に寄与するために、私立の大学、短期大学及び高等専門学校に交付される提案公募型の競争的資金制度です。

関連リンク

工辞苑 工学院を知るためのキーワード