研究・産学連携産学共同
研究センター
(CORC)

利用について

産学共同研究センター利用案内

 産学共同研究センターは、本学専任教員が企業や官公庁からご提供いただく研究資金を基に、研究開発に取り組むための共同研究施設です。従いまして当センターの利用申請は、本学専任教員 が研究責任者となって手続きすることになります。
 
 当センター利用者が企業等と研究交流を進めるのは、委託研究と研究員の受入が中心になるかと 思いますので、委託研究の進め方を例としてご案内いたします。委託研究は、企業等から委託された課題について本学教員が研究を行い、その成果を委託者に報告するものです。研究期間 (5年以内)、研究費、工業所有権等に関する契約を結びます。研究員を受け入れることも可能です。
 
 産学共同研究センター利用者募集要項や利用申請書等も参考にご検討ください。

受託研究

民間企業等から委託された課題について、本学の教員が研究を行い、その成果を委託者に報告するものです。 研究題目、研究費、研究期間等に関する契約を結びます。産学共同研究センターにおける受託研究の契約は、各年度毎に結んでいただきます。更新は可能です。研究員の受け入れも可能です。 

指定研究費

奨学研究費(指定研究費)は、民間企業等から本学教員の学術研究奨励を目的として本学に受け入れる寄付金です。寄付金は、実験装置の更新・充実等、大学における教育・研究に大いに活用され、その成果は広く社会に還元されます。この奨学研究費は、特定公益増進法人である学校法人工学院大学に対する寄付金として、法人の場合は一般寄付金の損金算入額とは別枠で、同額損金に算入することができます。 産学共同研究センターで使用される奨学研究費は各年度毎の申込となります。当センターの利用は受託研究と同じ取扱です。

研究経費

産学共同研究センターの利用に関わる研究資金は、受託研究費、奨学研究費等すべて産学共同研究費と呼ばれ、同名の研究費であってもその取扱は通常のものとは異なるところがあります。 産学共同研究費は、当センターでの研究の直接経費、光熱水費の他、10%の管理運営費、研究室利用料(1室月額4万円)、当センター設備との接続工事、オプション工事、機器搬入・設置、並びに研究期間終了時に原状回復する費用に至るまですべてを賄うことになります。

平成23年度 企業・官公庁様ご参考資料(pdfファイル,Excelファイル形式)

利用者募集要項 (PDFファイル240KB)

利用申請書 (Excelファイル35KB)

研究成果報告書概要 (Excelファイル29KB)

平成23年度 本学専任教員用資料(MS-Word,Excel形式ファイル、学内のみアクセス可)

利用者募集要項 (Wordファイル36KB)

利用申請書 (Excelファイル35KB)

研究成果報告書概要 (Excelファイル(29KB)

Get Adobe Reader
PDFファイルの閲覧にはAcrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてソフトをダウンロードしてください。

産学共同研究センター利用の進め方

利用の進め方

工辞苑 工学院を知るためのキーワード