研究・産学連携シーズをお探しの方

工学院大学研究シーズ集【バイオ・食品】

「工学院大学シーズ集」は、各研究者の研究テーマ毎に、研究概要や特長、成果などを コンパクトにまとめ、企業等産業界や学外研究者の皆様に紹介しています。 委託研究や共同研究のテーマ探しなどにご活用ください。 

Get Adobe Reader
PDFファイルの閲覧にはAcrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてソフトをダウンロードしてください。

※【】カッコ内は掲載日です。

【2017.11.17】バイオ燃料生産に適した光合成微生物の開発研究 阿部克也准教授

【2017.11.17】細胞の増殖、分化、機能維持を制御する蛇毒因子の単離とその機能に関する研究 辛英哲准教授

【2017.11.17】エステル型カロテノイドの研究開発−効率的生産と生理活性評価− 油井信弘准教授

【2017.11.17】古細菌GH15トレハラーゼは狭い酸性領域で働く 坂口政吉准教授

【2017.11.17】製パンプロセスの基礎研究に基づいた高性能オーブントースターの開発 山田昌治教授

【2017.11.17】食用藻類スピルリナによるカロテノイド高生産技術開発に関する研究 杉山健二郎講師

【2017.7.28】ニワトリ酸性キチナーゼの消化器系条件下でのプロテアーゼ耐性から、キチン含有生物がニワトリの代替飼料となり得ることを提案する 小山文隆教授

【2017.7.20】大腸菌のペリプラズム空間で発現したマウスChitotriosidaseの特性解析 小山文隆教授

【2017.7.20】酸性ほ乳類キチナーゼはマウス消化管でプロテアーゼ耐性の糖質分解酵素である 小山文隆教授

【2014.11.10】キチナーゼ様タンパク質を区別するための定量PCR システムの確立 小山文隆教授

【2014.11.10】マウスキチナーゼ様タンパク質の遺伝子発現解析 小山文隆教授

【2014.10.2】がんにおけるmicroRNAの役割の解明・2ステップDrug repositioning法 福岡豊教授

【2014.5.8】細菌Caulobacter crescentusCB15 グルコアミラーゼの酵素化学的性質(1) 坂口 政吉講師

【2014.5.8】細菌Caulobacter crescentusCB15 グルコアミラーゼの酵素化学的性質(2) 坂口 政吉講師

【2014.5.8】細菌Caulobacter crescentusCB15 グルコアミラーゼのクローニングと発現 坂口 政吉講師

【2013.9.4】細胞の増殖、分化、機能維持を制御する 蛇毒因子の単離とその機能に関する研究 辛英哲準教授

【2013.7.6】標準 DNA を用いた real-time PCR による mRNA の定量法 小山文隆教授

【2013.7.6】マウスキチナーゼの遺伝子発現解析 小山文隆教授

【2013.7.6】Real-time PCR によるヒトとマウス組織のキチナーゼ mRNA レベルの定量 小山文隆教授

【2013.7.6】胃における酸性哺乳類キチナーゼの 種特異的発現 小山文隆教授

【2013.7.6】胃組織における キチナーゼ活性とタンパク質発現レベル 小山文隆教授

【2013.11.22】大腸菌のペリプラズム空間でのマウス酸性哺乳類キチナーゼの発現 小山 文隆教授

【2013.11.22】大腸菌で発現したマウス酸性哺乳類キチナーゼの特性解析 小山文隆教授

【2013.11.22】大腸菌で発現したマウス AMCase は CHO 細胞で発現した酵素と同等の機能を持つ 小山文隆教授

【2013.10.13】バイオシステムマイニングによる生命情報の 統合的解析 福岡豊准教授

【2013.1.9】次世代シークエンサーを用いたヒトゲノム情報発現の解析  水島純子特任教授

【2012.11.9】聴覚感性工学の基礎研究 音楽の有効活用から聴覚器官のモデル化まで 菱田博俊准教授

【2012.8.16】半導体基板上への金属ドットアレイの作製 小野幸子教授 / 阿相英孝准教授

【2012.8.8】分子プレカーサー法によるアパタイトコートの開発 佐藤光史教授


【2017.7.28】Chitin-containing organisms can be alternative whole edible diets for poultry Professor Fumitaka Oyama

【2017.7.20】Functional Properties of Mouse Chitotriosidase Expressed in the Periplasmic Space of Escherichia coli Professor Fumitaka Oyama

【2017.7.20】Acidic mammalian chitinase is a proteasesresistant glycosidase in mouse digestive system Professor Fumitaka Oyama

【2014.11.10】Establishment of a Quantitative PCR System for Discriminating Chitinase-Like Proteins Professor Fumitaka Oyama

【2014.11.10】Gene Expression Profiling ofMouse Chitinase-Like Proteins Professor Fumitaka Oyama

【2013.11.22】Expression of mouse acidic mammalian chitinase in periplasmic space of Escherichia coli Professor Fumitaka Oyama

【2013.11.22】Characterization of the Escherichia coli-expressed Protein A-AMCase-V5-His activities Professor Fumitaka Oyama

【2013.11.22】Mouse acidic mammalian chitinase expressed in Escherichia coli possesses chitinase functions comparable to CHO-expressed protein Professor Fumitaka Oyama

【2013.7.6】Quantification of mRNA Levels by PCR Using the Single Standard DNA Professor Fumitaka Oyama

【2013.7.6】Gene Expression Profiling of Mouse Chitinases Professor Fumitaka Oyama

【2013.7.6】Quantification of Chitinase mRNA Levels in Human and Mouse Tissues by Real-Time PCR Professor Fumitaka Oyama

【2013.7.6】Species-Specific Expression of Acidic Mammalian Chitinase in Stomach Professor Fumitaka Oyama

【2013.7.6】The Levels of Chitinases Activity and Protein Expression in Stomach Tissues Professor Fumitaka Oyama

工辞苑 工学院を知るためのキーワード