先進工学部

大学院接続型6年一貫コース

先進工学部に大学院接続型コースが誕生。
2020年4月、学部と大学院が一貫して学べる
大学院接続型6年一貫コースが誕生します。
早い時期から先進技術と研究に触れながら学修に臨むことで、
実践力を持った研究開発者の育成をめざします。

コース概要

広い視野と複眼的な思考を身につけた、ものづくりのプロを養成

大学院接続型6年一貫コース(研究者・開発者育成プログラム)

学部と大学院を一体的に捉える大学院接続型教育プログラムを導入。従来の専門分野(メジャー)に加えて副専門分野(マイナー)を学修することで、特定分野の専門性だけに偏らない、広い視野や複眼的な思考を養います。さらに6年一貫制の利点を生かして早期に研究に着手するなど、企業等で研究開発に携われる高度な実践力を身につけます。

POINT!

  • 6年一貫コースによる効率的で質の高い教育
  • 主専攻+副専攻の分野横断型教育
  • 早期(3年次)研究室配属による研究実践力の養成

[進路選択の自由度]

  • 研究室見学、研究室体験を経て2年次に希望に沿って学科選択
  • 卒業研究は所属学科以外の研究室も可

[修士課程(博士前期課程)修了後の進路]

  • 博士後期課程
  • 時代や社会の基盤を創造するものづくりのプロとして就職
※[材料・デバイス系]ゴム・ガラス・印刷・鉄鋼・非鉄金属・建材・半導体・電子部品・機械・自動車・エネルギー・水処理・プラントなど
[医薬・食品系]医薬品・食品・飲料・香料・農薬・石油化学・化粧品・生活用品・繊維など
[計測・宇宙航空系]電気・電子機器・精密機器・医療機器・宇宙産業・航空エンジニアなど

よくある質問FAQ

理工系では大学院に進学することが一般的でしょうか?

学士課程修了者の大学院進学率は全体で10%程度ですが、理学、工学分野での進学率は約40%と言われています。将来、研究者や開発者を目指す学生には、ぜひとも大学院への進学を更なるステップアップとして、未来の可能性を広げてもらいたいと考えています。

従来の教育プログラムとの違いを教えてください。

従来の教育プログラムは、入学時に学科を選択し、各学科のカリキュラムに沿って専門性を深めることを目的としています(学科教育重視型)。一方、大学院接続型6年一貫コースは、最初は学科を選択するのではなく、将来の進路を見据えた履修モデルを選択し、分野横断型の教育により、研究者・開発者を育成することを目的にしています。

6年一貫コースのメリットを教えてください。

学部教育と大学院を一体的に捉え、柔軟なカリキュラムを導入することで、例えば、 3年次での早期研究室配属が可能になります。3年次以降も実際に研究を行う上で必要な知識を効率的に学び、ものづくりのプロとして必要な真の力を身につけることができます。在学中に学びを中断する必要がないことから、高度な研究課題にじっくりと取り組めることもメリットです。今後の社会を先導・牽引できる人材を育成したいと考えています。

6年一貫コースは、4年間では卒業できないのですか?

6年一貫コースの学生も従来の教育プログラム同様に、学部4年終了時に学士の学位が授与されますので、大学院に進学せず学士での卒業、就職に進路を変更することは可能です。なお、6年一貫コースは連続した特別なカリキュラムですので、学科教育重視型で入学した学生が入学後に、本コースに変更することはできません。

 

工学院大学入試サイト(https://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上