就職・キャリアキャリアデザイン
インターンシップ

自由応募型インターンシップ

インターンシップに参加する方法の一つとして、「自由応募」があります。対象は大学1年生から4年生まで、また1日ツアー型から数ヶ月にわたる実践型まで、一年中募集があります。そのため、大学の就職支援センターの掲示板や就職情報サイトのほか、企業のホームページなどでも情報を得ることができます。

また、この自由応募型は、人気企業であればあるほど、その競争率は非常に高く、通常の新卒採用試験と同様に、書類選考→(筆記試験)→面接数回という段階を経て、やっと参加できることが多くあります。その競争率は、新卒採用試験の倍率を超えるケースも見られます。

自由応募であるが故に、その内容について大学や就職情報会社のチェックが入っていない場合が多いので、参加しても想定外の業務が与えられ、結果的に全く時間の無駄だったということもあります。参加する際は、その組織の募集目的やその内容、期間を必ず確認するようにしましょう。
インターンシップの事故等により負った傷病、故意又は過失によって賠償を求められた場合に備え、「学研災付帯賠償責任保険」を適用させるためには「インターンシップ届出書兼誓約書」を就職支援センターに提出する必要があります。
自由応募型インターンシップに参加する際には忘れずに手続きをしましょう。

インターンシップ届出書兼誓約書(Excel形式)

インターンシップ届出書兼誓約書(PDF形式)

工辞苑 工学院を知るためのキーワード