工学院大学とは工学院大学

創立130周年記念事業募金(終了)

実施中の募金活動はこちら

創立130周年記念寄付金担当から 〜『創立130周年記念事業募金』終了のお知らせとお礼〜

このたびの『創立130周年記念事業募金』には多くの皆さま方からご寄付を賜りまして、誠にありがとうございました。 心から御礼申し上げます。
皆さま方からのご寄付をご希望に添えるよう大切に活用させていただきます。 
 
『創立130周年記念事業募金』は、平成30年3月31日をもちまして終了いたしましたので、工学院大学ホームページからの寄付申込みができなくなりました。
今後の工学院大学への寄付申込みは、以下のいずれかの方法で、寄付申込書をお取り寄せくださいますようお願い申し上げます。 
 
「学校法人工学院大学募金窓口」ページより現在実施している各種募金活動・申込方法をご確認ください。
★電話【03-3340-0121】へお電話いただき、工学院大学寄付申込書の送付をお申し付けください。
★FAX【03-3345-0228】へ必要事項(氏名・住所・連絡先電話番号)をご記入のうえ、送信ください。
★E-mail【donation@sc.kogakuin.ac.jp】 へ必要事項(氏名・住所・連絡先電話番号)をご記入のうえ、送信ください。 
 
今後とも、工学院大学へのご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
学校法人工学院大学
総務人事部 総務課
学園創立130周年記念寄付金担当
 TEL.03-3340-0121
 FAX.03-3345-0228

工学院大学『創立130周年記念事業募金』終了のお礼


学校法人工学院大学
理事長 後藤 治

本学園は、平成29年10月31日に創立130周年を迎えるにあたり、平成27年11月から皆さまに『創立130周年記念事業募金』へのご協力をお願いして参りましたが、本年3月31日をもちまして終了いたしました。
この間、多くの皆さまから130周年記念事業募金へのご理解を賜り、ご寄付いただきましたことについて厚く御礼申し上げます。
最終的な募金額等につきましては、後日ホームページ等にてご報告する予定です。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

本学園は、今後も先人たちが連綿として築き上げてきました建学の精神を受け継ぎ、グローバル社会の第一線で活躍できる理工系人材の育成および先端領域で創成能力を発揮する高度な技術者・研究者の育成に力を注いでまいります。
引き続き、本学園をご支援くださいますようお願い申し上げます。

平成30年4月

記念事業

1.学園の教育・研究環境の整備

学生に自由な学びと豊かな想像力をもたらす〜自学と共学をひとつのカタチに融合した校舎

2017年3月、八王子キャンパスの再開発プロジェクトの最後を締めくくる「新2号館」が竣工しました。 新2号館の建設は、株式会社INA新建築研究所(設計)と株式会社フジタ(設計・施工)が担当し、両社ともに本学の建築学科で学んだ同級生が中心となりプロジェクトに携わりました。さらに、建築学部の塩見一郎教授(建築デザイン学科)と2016年に退官された飯島直樹氏(建築デザイン学科元教授)がインテリアデザイナーとして参画し、校舎建設では類を見ない試みとして、学生の視点に立った斬新なアイディアが随所に取り入れられています。

ラーニングコモンズ八王子 / 新2号館

2.学生・生徒の創造活動支援

  • ・プロジェクト活動支援を通した教育の充実

記念事業募金募集要項

■募金対象

個人様:
1口1万円
(期間中に5口以上ご協力いただきました方には、キャンパス内にその名を末永く顕彰させていただきます)

法人様・団体様:
金額は特に定めておりません

■募集期間

2015年11月〜2018年3月

■目標額

3億円
個人・団体の方、法人の方による寄付のお申込み方法のご案内です。
ご寄付いただいた額に応じて、免税措置が受けられます。
ご寄付に感謝し、学園の歴史に末永く留めさせていただきます。
ご寄付のお申込みに際しては、必ずお読みください。

おすすめページ

学園総合案内
学園総合案内パンフレットをデジタルパンフレットとPDFでご覧いただけます。
学校法人工学院大学 歴代管理長・理事長・学長・校長

工辞苑 工学院を知るためのキーワード