工学院大学 先進工学部 環境化学科

環境化学科の学び

1年生
化学の基礎を中心に自然科学・工学の基礎を学び,環境化学を専門的に学ぶための入り口に立つ

専門的な学びを進めるためには,化学や物理学,数学などの知識が土台となります.自然科学・工学の基礎をしっかり学びましょう.

(例)1年生第1Qの時間割

1 ○微分 ○化学1 ○情報処理入門
2 ○Basic English Ⅰ △工学院大スタディーズ ○身体・運動科学演習 △物理学1 △ドイツ語初級Ⅰ
3 環境化学概論 ○Basic Com.Ⅰ 物理学実験 ○地学
4 △ロジカルライティングⅠ
5

2年生
“豊かな自然”と“快適なくらし”を支える化学と工学の知識を習得する

1年生の学びを基に,より専門性の高い授業が始まります.実際に稼働している排ガスや排水処理等の環境浄化施設を訪れ,環境化学の最前線を肌で感じる「環境施設見学」など,楽しい授業もたくさん.

(例)2年生第1Qの時間割

1 △身体健康学 △有機化学Ⅱ △分析化学Ⅱ 地学概論 化学総合
2 △有機化学Ⅱ △分析化学Ⅱ 生涯スポーツ △物理化学実験 物理学概論
3 △政治学A △物理化学Ⅱ △無機化学Ⅱ △哲学A △物理化学実験
4 ○B.A.English Ⅰ △物理化学Ⅱ △無機化学Ⅱ △物理化学実験
5

3年生
環境システム工学,環境材料化学,および環境評価・設計に関する専門的な知識を習得する

2年生の学びより,さらに専門性の高い授業が始まります.3年生の後半から一足先に卒業研究に着手できる「環境化学セミナー」で,研究の面白さや奥深さに触れることも!

(例)3年生第1Qの時間割

1 栄養科学 電気化学 △LCAと企業
2 高分子合成化学 △土壌環境工学 △分離工学 ○環境化学実験 文学A
3 △環境エネルギー工学 △材料強度学 粉粒体工学 環境化学実験
4 分離工学及び粉粒体工学演習 ○環境化学実験
5

4年生
専門領域から自分の研究テーマを選び,1年かけて卒業論文を完成させる

卒業研究は実社会とつながる実践力を養うトレーニングです.これまでに学んできた知識を総動員して,環境・エネルギー問題の解決に貢献する研究を行います.

研究室・教員

大学院
さらに高度な専門性を有し,環境・エネルギー分野で即戦力として活躍できる研究者・技術者へ

化学と工学をより深く・広く学ぶとともに,自身の研究に邁進し,国内外での学会発表や学術論文発表も積極的に行いながら,修士論文・博士論文を完成させます.

大学院