応用物理学科

素粒子論研究室

八王子キャンパス新宿キャンパス

物質と宇宙の究極の姿を記述する法則を探求する

主な研究テーマ

  • 素粒子標準模型の高次量子補正
  • 量子場理論の自動計算システム開発
  • 素粒子論的観点から宇宙の構造と起源を探る

キーワード

素粒子理論 / ニュートリノ / ヒッグス粒子 / 宇宙論

指導教員

加藤 潔 教授 / 進藤 哲央 教授

研究内容紹介

素粒子というのは、私たちの身体やその周りにある物質を構成する、最も基本的な要素のことです。物質をどんどん拡大していくと、原子や分子の世界が見えてきます。それをさらに拡大していくと、電子や原子核、果てはクォーク等といったいわゆる素粒子の世界が存在していることがわかります。私たちの世界が何からできていて、それらがどのような性質を持っているのかを知るための理論的な研究を行うのが素粒子理論です。また、物質の究極の姿を知ることで、宇宙の成り立ちにも迫ることができると考えています。