情報デザイン学科

情報デザイン学科

情報デザイン学科の特徴

コンテンツの力で人とコンピュータの調和を実現

マルチメディアコンテンツで、人とコンピュータの調和を実現する人材を育成します。

【キーワード】
マルチメディア情報処理/感性工学/コミュニケーション支援/生体計測/福祉情報工学/知覚・認知科学

社会につながる工学院大学の学び

情報デザイン学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目a)
○微分
○積分
偏微分
重積分
○微分・積分演習
○線形代数学1
○線形代数学2
○線形代数学演習
物理学1
物理学2
情報物理学A
情報物理学B
物理学実験
物理学演習I
物理学演習II
○情報処理入門
化学A
化学B
専門基礎科目<第II群b>
○情報学序論
○情報数学1
○情報数学2
情報数学3
情報数学4
○情報数学演習I
情報数学演習II
○プログラミング1
○プログラミング2
○プログラミング3
○プログラミング4
○プログラミング演習I
○プログラミング演習II
○論理回路
○電気回路理論I
○電気回路理論演習I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目a)
線形代数学3
線形代数学4
生物学基礎論
専門基礎科目<第II群b>
○確率・統計I
コンピュータアーキテクチャ
データ構造とアルゴリズム
○情報学概論
情報学特別講義
○情報学実験
情報コミュニケーション英語
デザイン幾何学
科学レポートの書き方
△オブジェクト指向設計論
オブジェクト指向設計演習
○情報デザイン学実験
△応用確率・統計学
応用確率・統計学演習
コンテンツ設計
△情報ネットワーク基礎論
△CG数学
人間情報
△感覚・知覚心理学
△福祉情報学
知識情報
△画像情報処理
△音情報処理

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門基礎科目<第Ii群b>
○情報技術者英語
デジタル信号処理
デジタル信号処理演習
数値計算論
英語文献講読
情報社会と情報倫理
情報デザイン先端技術
コンテンツ設計
デジタル映像基礎論
△コンピュータグラフィックス
情報ネットワーク応用論
インターネットコンテンツ設計論
インターネットコンテンツ演習
情報コンテンツと知的財産
人間情報
△生体計測工学 人体機能論
認知科学
コミュニケーション行動論
コミュニケーション行動実験
感性科学
知識情報
計算言語学
データ解析
画像認識と理解
△人工知能
データ処理演習
音声認識と理解
学外研修
○情報デザインセミナーI(PBL)
○情報デザインセミナーII(PBL)
※情報と職業

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
○卒業論文(PBL)
※情報と職業
【2018年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

卒業後の進路

主な就職先(2018年3月卒業生)

(株)アルファシステムズ、イオンリテール(株)、いすゞ自動車(株)、伊藤忠テクノソリューションズ(株)、(株)インテック、SCSK(株)、NECソリューションイノベータ(株)、NECネッツエスアイ(株)、NECフィールディング(株)、(株)NSD、エヌ・ティ・ティ・コムウェア(株)、NTTテクノクロス(株)、(株)関電工、キヤノンITソリューションズ(株)、京セラコミュニケーションシステム(株)、JR東日本メカトロニクス(株)、(株)ジャステック、セコム(株)、ソフトバンク(株)、SOMPOシステムズ(株)、第一生命情報システム(株)、大日本印刷(株)、(株)タチエス、(株)DTS、東芝テック(株)、凸版印刷(株)、日本アイ・ビー・エム・サービス(株)、日本コムシス(株)、日本郵便(株)、東日本旅客鉄道(株)、日立情報通信エンジニアリング(株)、(株)日立製作所、(株)日立ソリューションズ・クリエイト、(株)日立物流、富士ゼロックス(株)、富士ソフト(株)、富士通(株)、(株)富士通マーケティング、ヤマハ発動機(株)、(株)ワークスアプリケーションズ
【公務員】小鹿野町役場職員、埼玉県警察、草加市教育委員会、東京都教員、福生市役所

情報系学科業種別就職割合

情報系学科業種別就職割合

(2018年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • student 上浦 拓人さん
    情報デザイン学科
    上浦 拓人さん

    イメージを形にしていくプログラミングに夢中になりました

    実践的な授業でスキルを磨く
    進化を続けるIT分野に魅力を感じ、網羅的に学べる情報デザイン学科に進学しました。この分野を理解するポイントになったのが、世の中のさまざまな統計データを解析・可視化する「データ解析演習」です。この授業を通して、プログラミングの幅広さを知り、技術を磨きたいという思いが強くなりました。それ以来、プログラミングのサークルに入るなど、授業以外でもスキルアップの努力を重ね、人工知能の競技会に参加するまでに成長することができました。応用レベルのプログラミング技術を在学中に修得できたことは、大きな財産になったと思います。