設計・意匠分野 木下研究室

建築デザインとものづくりの楽しさを探る

指導教員:木下 庸子 教授  

建築の楽しみのひとつは「ものつくり」にあるでしょう。創造することに喜びを感じるデザイン好きが集まる研究室です。ものつくりを実践してきた建築家の立場を生かして、学問という枠にとらわれずに社会に近い場における活動も積極的に行っています。これらの活動を通して、研究室メンバーには対人関係や社会的責任なども養ってもらいたいと考えています。研究テーマは「住むこと」を基本に現代の多様化する家族や都市居住について、または歴史的な町家の改修、団地の再生など、幅広い展開が可能です。


主な研究
テーマ
現代の家族と新しい住まいの可能性
高齢者と子どものための住環境研究
町家の改修における温熱環境計画 など
キーワード 住まいと都市 / 都市と街並み / 歴史と未来

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻