建築計画分野 赤木研究室

人間の行動特性を解き明かし、ユニバーサルデザインを考える

指導教員:赤木 徹也 教授

現在、少子・高齢化現象が急速に進んでいます。このような社会背景のもと、さまざまな人間の行動特性と建築・都市環境との関係性を解き明かし、実際の計画や設計を通して、私たちの生活における「質」の改善に役立てる研究を行っています。これは、「ユニバーサルデザイン」や「バリアフリー」などにも通じるものです。この研究では、利用者の立場に立った計画や設計のあり方を学ぶことができ、設計実務にも大いに役立ちます。


主な研究
テーマ
環境行動論的研究
各種建物の計画・設計の研究
高齢者・子どもの住環境の研究 など
キーワード 環境行動 / 生活の質 / ユニバーサルデザイン

大学院 工学研究科

専攻