安心、安全、快適な社会をつくるスマートシステム

指導教員:桂 晃洋 教授

家電、自動車、鉄道など多くの機械システムが、情報・エレクトロニクス技術で制御され、ネットワークで繋がる時代になっています。安心、安全、快適な社会をめざし、社会の随所で活躍するスマートシステムの研究に取り組んでいます。例えば未来志向の次世代モビリティは、自動車を、社会との調和、他の交通機関との連携、家庭や人との繋がりという観点で捉えることにより、環境負荷の低減や安全な自動運転を可能にします。グローバル競争時代の技術者には、特定の技術を極めるだけでなく新しいイノベーションを起こす力が求められています。機械、電気、電子、情報、制御の複合領域研究を通じて、基礎から応用システムまでの幅広い知識と、問題を発見し解決する知恵を身につけることができます。


主な研究
テーマ
未来志向スマートシステムの研究
高安全自動車制御と次世代モビリティの研究
スマートシステムの新技術と事業化シナリオの研究 など
キーワード スマートシステム / 組み込みシステム / 自動車 / 車載情報 / マイコン / マイクロプロセッサ / グラフィックス / 画像処理

大学院 工学研究科

専攻