自動車運動制御研究室

コーナリング限界の安定走行を実現する制御手法に挑戦

指導教員:野崎 博路 教授

現在開発しているのが、コーナリング限界での横滑りを制御するシステム(①二輪車のようにタイヤを傾ける姿勢角の制御、②走行シチュエーションに応じて、ハンドル操作に対する前輪の動きを早める制御(微分操舵アシスト)、③四輪の独立した制動力と駆動力の制御)です。また、外界情報をセンシングしてドライバーの操作ミスを補う緊急回避時の操舵アシスト制御や新操舵方式制御などを研究しています。「ドリフトコーナリング対応ドライビングシミュレータ(特許取得)」、模型車両、小型電気自動車(製作)で研究しています。


主な研究
テーマ
コーナリング限界の横滑り制御システム
緊急回避時の操舵アシスト制御
新操舵方式制御 など
キーワード ドライビングシミュレータ / 自動車運動制御 / 操縦安定性
研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻