大規模システムの計画・評価・管理法の研究

指導教員:八戸 英夫 教授

鉄道や道路などの交通システム、生産システムなど大規模システムの計画立案、評価法、管理法についてシステム工学的アプローチを用いて研究しています。特に、人的要因による重大事故を回避するシステム、そして環境や人にやさしいシステムの実現をめざしています。さらに、今後のメイドインジャパンのものづくりに不可欠といわれる感性を考慮した製品デザインを計画的に支援するツールの開発も行っています。これまで本学はもちろん他大学からも多くの優秀な学生が院生として入学し、その後実社会で大活躍しています。


主な研究
テーマ
総合交通システムの計画・評価
高効率生産システムの開発
感性を考慮した製品デザイン支援ツール など
キーワード システム工学 / 計画工学 / 交通工学 / 生産管理 / 感性工学 / 多変量解析
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻