ナノ・バイオ材料研究室

エネルギー生産から医療まで薄膜の可能性を追究

指導教員:佐藤 光史 教授

厚さが1マイクロメートル以下というまさにナノテクノロジーの技術によってつくり出される薄膜には、多くの特性がありその応用範囲も多様です。ここでは、研究室で新しく開発した「分子プレカーサー法」によって、きれいで透明な薄膜材料をつくり出しています。環境浄化の光触媒薄膜や、新型透明薄膜太陽電池、生体に適合する表面を持つ材料など、社会に役立つ幅広い分野の研究に取り組んでいます。今後は、「分子プレカーサー法」を周期表上のすべての金属で実現して、生活の質を向上させる新しい材料を生み出すことを目標としています。


主な研究
テーマ
光触媒薄膜材料の研究
新型薄膜太陽電池の研究
生体適合性薄膜材料の研究 など
キーワード エネルギー / 医療 / 化学合成
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻