社会に貢献する革新的な膜利用水処理技術を開発する

指導教員:中尾 真一 教授(総合研究所所属)

全地球的水不足を解決し持続可能な水利用を実現するため、膜処理技術を基盤とした水処理法が注目を集めていますが、膜が汚れて、ろ過性能が低下するという問題が未だに解決されていません。本研究室では、実験から膜が汚れる現象を抽出・解明するとともに、計算機シミュレーションも併用し、膜の汚れを完全に防止する手法の開発を行っています。またこれらの技術を応用し、膜を用いたナノサイズ粒子の分級システムという新しい膜利用法の開発にも取り組んでいます。


主な研究
テーマ
膜を用いた省エネルギー水処理システムの開発
膜を用いたナノサイズ粒子の分級システムの開発
水処理用低ファウリング膜の開発 など
キーワード 膜工学 / 水処理 / 水循環システム
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻