電子回路・光応用研究室

さまざまな情報を集めて新しい機能を生み出す

指導教員:前田 幹夫 教授

私たちの身の回りには電子回路が組み込まれた機器がたくさんあります。このイルミネーションツリーにはLEDと共に自らが光る光ファイバが使われていて、音楽に合わせて色が変わります。光ファイバをこのように使うことは、これまで少ない損失で遠くまで光を届けるのが役目と考えられてきた光ファイバに新しい機能を与えたと考えられます。本研究室では、私たちの身近にあるさまざまな情報を集め、新しい機能を電子回路で生み出し、光システムに思い通りに応用することをめざしています。ここで培う応用技術は社会への適応力を高めるのに役立ちます。


主な研究
テーマ
電子回路
光伝送システム
マイクロ波フォトニクス など
キーワード 電子回路 / 光ファイバ / デジタル伝送
研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻