人間科学・福祉情報科学研究室

人にやさしいインタフェースと福祉を創造

指導教員:長嶋 祐二 教授

人は声、ジェスチャー、文字など、さまざまな方法でコミュニケーションを行っています。私たちの研究室では、誰もが「いつでも・どこでも・誰とでも自由にコミュニケーション」でき、かつ、自立的な活動を行うための、支援をめざし研究を行っています。例えば、聴覚障害者支援では、手話の認知的な解析を基にして、手話の記述法の開発、手話アニメーションの生成方法などの研究を行っています。また、発達障害者支援では、発達障害のある人の視覚認知の解析を行って、発達障害を早期に発見するための検査ツール(STVP:視覚認知発達スクリーニング検査ツール)の開発を行っています。こうした研究を通し、人にやさしいインタフェースをデザインしています。


主な研究
テーマ
手話に関する研究:言語学的な解析、弁別的特徴レベルか らの記述法、3次元手話アニメーションの自動合成方法
発達障害児の支援ツールの開発 など
キーワード 福祉工学 / 手話情報学 / 発達障害 / ヒューマンインタフェース / 認知科学

大学院 工学研究科

専攻