環境生物化学工学研究室

環境調和型社会の実現を目指す生物機能の工学的利用

指導教員:中山 りょういち 助教

地球環境への負荷軽減の観点から、持続的な再生産可能な生物由来の有機質資源の有効利用が望まれています。本研究室では、生物由来の有機質資源の多角的利用として、セルロース資源や脂質資源からのエネルギー変換、生物由来の高分子膜並びにゲル・カプセル粒子の開発や環境適応型溶媒(例えば超臨界二酸化炭素)を用いた生物資源中に含まれる機能成分の抽出分離を試みます。生物の機能を応用する化学工業はこれから発展すると考えられ、「環境適応・安全性・高効率」をキーワードに学術的基盤の構築に取り組みます。


主な研究
テーマ
酵素反応による有機質資源の物質変換
生体ポリマーによる膜の調製と物質透過
超臨界二酸化炭素による抽出分離 など
キーワード 酵素反応 / 超音波 / 抽出分離 / 生体ポリマーによる高分子膜

先進工学部の研究室