人間科学・福祉情報科学研究室

コミュニケーションを科学して人にやさしいインタフェースを創造

指導教員:長嶋 祐二 教授

人は声、ジェスチャー、文字など、さまざまな方法でコミュニケーションしています。そこで、誰もが「いつでも・どこでも・誰とでも自由にコミュニケーション」したり、自律的な活動をするための支援をめざし、コミュニケーションの役割、人の視線、物ごとを理解する過程、脳波をはじめとする身体反応などの計測・分析を行っています。また、注意欠陥/ 多動性障害や学習障害など、発達障害のある人の視覚認知の分析結果から、あるべき日常生活の支援方法なども研究。こうした研究を通し、人にやさしいインタフェースをデザインしています。


主な研究
テーマ
身障者・高齢者の支援技術
絵文字と動画像通信に適した符号化方式・画像評価手法の確立
キーワード 福祉情報 / ヒューマンインタフェース / マルチモーダル

情報学部の研究室