機能性ダイヤモンドでナノの世界を切り開く

指導教員:西村 一仁 教授

ダイヤモンドツールは、スマートフォンの非球面レンズ用金型の切削加工など先端産業で多く用いられています。しかし、ダイヤモンドは硬いためツールの成形加工が難しく、無理に加工を行うと本来の特性が損なわれてしまいます。本研究室ではダイヤモンドへの衝撃を最小限とした加工装置の開発やダイヤモンドの表面改質を行う新しい加工方法の開発に取り組んでいます。また、ダイヤモンドの合成や表面処理による機能性ダイヤモンドの研究も行い先端科学技術に貢献するツールや素子の開発も行っています。 
 
 
主な研究
テーマ
機能材料の高能率加工方法の研究
ダイヤモンドの加工方法の研究
表面処理技術の開発
キーワード 生産工学 / 材料加工 / 機能性ダイヤモンド / 表面処理

工学部の研究室