環境や人にやさしいシステムづくりをめざして

指導教員:八戸 英夫 教授

21世紀に入り、大規模システムに関する時代のキーワードは、20世紀の「大量・高速」から「安全・利便性・環境適応性」へシフトしました。この新しいキーワードに基づいた、事故のないシステム、環境や人にやさしいシステムの実現をめざし、21世紀の高度情報通信社会に対応した交通システム、生産システムなど、大規模システムの設計や管理法について研究しています。このようなシステムの研究は、通信システム、電力システム、医療システムなど、他の領域への応用も可能で多くの卒業生が実社会で活躍しています。
 
 
主な研究
テーマ
未来の鉄道・道路・航空交通システム
高効率生産システムの開発
感性を考慮した製品デザイン支援ツール
キーワード システム工学 / 計画工学 / 交通工学 / 生産管理 / 感性工学 / 多変量解析
研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

工学部の研究室