自動車運動制御研究室

シャシー制御と外界センサーで自動車の未来を切り拓く

指導教員:野崎 博路 教授

自動車のコーナリング限界コントロールを行う新シャシー制御(微分操舵アシスト、二輪車のようにタイヤを傾ける車輪の姿勢角制御,内外輪制駆動力制御)と、外界センサーによる操舵アシスト制御を連動させることで、運転する喜びと走行安定性を高次元に両立させることをめざしています。オリジナルのドライビングシミュレータ(特許取得)やオリジナルの小型電気自動車を使った実験を通して、プログラミングだけでなく実際の自動車メーカーにおいても生かせる理論と技術を学べます。
 
 
主な研究
テーマ
外界センサーとシャシー制御の連動
コーナリング限界の横滑り制御システム
緊急回避時の操舵アシスト制御 など
キーワード 自動車の運動と制御 / 限界コーナリングと制御 / ドライビングシミュレータ
研究室ホームページはこちら

工学部の研究室