KOGAKUIN-CITY VIEW

KOGAKUIN-CITY VIEW

~過去をさかのぼり、工学院大学と新宿の町並みを振り返る~
CAMPUS GALLERY

築地に誕生した日本初の私立工手学校

1887(明治20) 年 10月31日、
帝国大学総長渡辺洪基を中心に14人が発起人となり、工手学校が設立された。
 
当時、帝国大学総長であった渡辺洪基は「わが国の産業発展のためには、民間の中間技術者(工手)の養成が急務である」と考え、帝国大学建築学科の教授であった辰野金吾に相談し、「官」の職工長に対して「民」の工手を育成する学校設立を提議した。
1887年 10月31日、後に学園の創立記念日と定めた「工手学校創立協議会」が開催され、工手学校の設立が満場一致で決定した。
 
工手学校設立に奔走した渡辺洪基が特選管理長(理事長)となり、初代校長には、福沢諭吉の女婿である中村貞吉が就任した。
現在、新宿キャンパス1階のアトリウム壇上に置かれている二つの胸像は、特選管理長の渡辺洪基と工手学校復興会会長の古市公威である。
 
1888(明治21)年2月6日、開校式が挙行され、京橋区木挽町(現在の築地)の東京商業学校附属・商工徒弟講習所を仮校舎に授業が開始された。
土木、機械、電工、造家、造船、採鉱、冶金、製造化学(製造舎密)の8学科が設立され、設立当初の応募者数は800名を越えた。
大正時代の築地校舎
特選管理長を務めた渡辺洪基
工手学校復興会会長を務めた古市公威
初代校長務めた中村貞吉
新宿キャンパスアトリウムに 設置された渡辺洪基と古市公威の 胸像

新宿で再出発の工学院

1923(大正12)年9月1日、関東大震災によって築地の工手学校が全焼。
直ちに再建計画が検討され、再建の地には、新宿が選ばれた。新しい校舎が完成するまで
青梅街道沿いの淀橋町にあった日本中学校を借りて授業が行われていた。
関東大震災直後の新宿駅
仮校舎となった日本中学校
工手学校復興会会長の古市公威を中心に工手学校の復旧が着々と進み、新校地を豊多摩郡淀橋町大字角筈に決定した。なお、新校舎の建設費は、築地の校地を売却して基本資金とし、さらに復興貸付金と寄付によりまかなった。
 
1928(昭和3)年4月20日、豊多摩郡淀橋町大字角筈(現新宿敷地)に新校舎落成。
新校舎(淀橋校舎)の規模は、鉄筋コンクリート3階建て、延べ床面積2,643.23坪。
工手学校と同程度の当時の各種学校の延べ床面積は、東京工科学校が700坪、中央工学校が650坪、攻玉社が1,168坪と考えると、新校舎のスケールの大きさがわかる。
当時の淀橋新校地の様子
淀橋校舎の地鎮祭。中央の人物は 高松豊吉管理長
完成した淀橋校舎
都民の生活水供給の目的で淀橋浄水場が建設された(1898(明治31)年12月)。

工学院大学の開学

1949(昭和24)年2月11日、工学院大学の設置認可がおりた。
学部は、工学部。学科組織は、機械工学科と工業化学科の2学科。
初代学長には、工学博士(機械工学)で、東京大学名誉教授の野口尚一が就任した。
1955(昭和30)年には、電気工学科と建築学科を増設。
初代学長を務めた野口尚一
2号館増築時の様子(1950(昭和25)年頃)
新宿校舎の正門(1958(昭和33)年頃

工学院大学とともに進化する新宿の町並み ~ 1960年代の新宿界隈 ~

1961(昭和36)年、本館校舎(昭和3年竣工)の東面に新館校舎を竣工したころ、八王子校地の購入に着手した。
1962(昭和37)年、生産機械工学科と電子工学科を増設し、6学科体制となる。
1963(昭和38)年には、八王子市中野町に校舎を開設し、授業を開始した。
改築中新宿校舎(1961(昭和36)年1月16日撮影)
完成した新館校舎
新宿校舎屋上からの眺め (1963(昭和38)年)
1963(昭和38)年当時の新宿駅前
朝日生命ホール建設中の様子(1963(昭和38)年)
1965(昭和40)年頃の淀橋浄水場
1965(昭和40)年頃の新宿校舎
1966(昭和41)年頃の新宿駅西口
1967(昭和42)年頃の新宿駅西口
1967(昭和42)年頃の新宿駅西口

1970年代の新宿界隈

1965(昭和40)年3月31日に淀橋浄水場が廃止され、新宿副都心の建設が始まった。
1971(昭和46)年、日本初の超高層ビル「京王プラザホテル」(179m)が竣工。
1974(昭和49)年、新宿住友ビル(210m)、新宿三井ビル(223m)が竣工。
1970(昭和50)年代半ばの 新宿校舎の様子

平成になり、さらに発展を遂げる新宿と工学院大学 ~ 1980年代の新宿界隈 ~

1980年代は、父母懇談会(大学後援会主催)の開催や富士吉田セミナーハウスの完成、大学・学園将来計画ならびに大学名変更の審議、学園創立100周年、新宿校舎新大学棟(高層棟)の竣工など、工学院大学にとって、大きな変化を迎える時期となった。
1986(昭和61)年、都庁新庁舎建設前の新宿副都心
1987(昭和62)年、1月から旧校舎の解体が始まった
1989(平成元)年7月、新宿校舎新大学棟が竣工

1990年代の新宿界隈

東京都庁新庁舎が竣工 (1990(平成2)年)
新宿校舎に中層棟・オフィス棟が落成 (1992(平成4)年)
新宿校舎に中層棟・オフィス棟が落成 (1992(平成4)年)

21世紀を迎え、新宿校舎周辺には時代を象徴する建築が誕生

2000年代に突入し、新宿校舎周辺には時代を象徴する建造物が次々に誕生している。
 
2006(平成18)年に朝日生命ビルが取り壊され、同年5月にモード学園コクーンタワーの建設に着工
2008(平成20)年10月、モード学園コクーンタワー竣工
2012(平成24)年2月、東京スカイツリー竣工
2006(平成18)年当時の新宿駅西口
朝日生命ビル跡地に建設中のモード学園コクーンタワー
2008(平成20)年10月、モード学園コクーンタワー竣工
2012(平成24)年2月、東京スカイツリー(634m)竣工
常に変化する新宿
◎KOGAKUIN-CITY VIEWの制作にあたって
本ページは、写真等の資料を茅野 昭先生(2009年工学部 環境エネルギー化学科ご退職)よりご提供いただき完成しました。サイトの作成にご尽力いただきましたことを御礼申し上げます。