2015年度諏訪出張科学教室

出張科学教室

第6回諏訪市出張科学教室 2,714名にご来場いただきました

 
今年度は、地元企業である「野村ユニソン株式会社」と「長野県立諏訪清陵高等学校 化学部」の出展を加え、21テーマで開催。市内中高生や教育連携協定校の高校生らも含め、約330名のスタッフで運営しました。

天候にも恵まれ、来場者は過去最高の2,714名。
諏訪圏内の子どもたちが、実験や工作を通じて楽しく「科学」を学びました。

この科学教室の体験が日本の未来を担う人材の成長に繋がってほしい。
近い未来に私たちは希望を馳せています。
 

当日レポート

 

【工学院大学「諏訪市出張科学教室」は大盛況のうちに終了しました。/天候にも恵まれ、約2,700名が来場!】 工学院大学「諏訪市出張科学教室」は、約2,700名の方々にご来場いただき、大盛況のうちに終了しました。どのテーマでも子どもたちが真剣に取り組む姿が印象的で、あらためて科学やものづくりの面白さを実感しました。 また、大学生をはじめ教育連携校の高校生、協力してくれた地元の中高学生も「先生役」として大活躍でした!

Posted by 工学院大学 / Kogakuin University on 2015年10月18日

【工学院大学「諏訪市出張科学教室」を開催中!科学の面白さを伝え、共に学ぶ】 本日9:30、諏訪中学校で6回目となる「諏訪市出張科学教室」が始まりました。 今回は、地元企業【野村ユニソン(株)】からの協力出展と、諏訪清陵高校 化学部の出展を加え、21テーマで開催中です。 工学院大学の学生だけでなく、高校生や地元の中学生も「先生役」として参加。来場者に科学の面白さを伝えながら、共に学んでいます。

Posted by 工学院大学 / Kogakuin University on 2015年10月17日

本日、学生教職員約300名が諏訪市に到着。工学院大学も出展している「諏訪圏工業メッセ」に参加し、ものづくりの楽しさや奥深さを再確認。その後、諏訪市立諏訪中学校へ移動し、明日の科学教室に向けて準備をしました。明日は、工学院大学が来場者の皆様に科学やものづくりの面白さを伝えます!

Posted by 工学院大学 / Kogakuin University on 2015年10月17日

「第6回 諏訪市出張科学教室」の開催日が決定


2015年度は10月18日(日)に、諏訪市立諏訪中学校で開催します。
日本の「ものづくり」を世界に発信する工都・諏訪市と本学の熱意の連携が、6回目の「科学の教室」につながりました。

会場となる諏訪中学校が位置する諏訪市は、精密機械産業の中核を担う工業都市。
「東洋のスイス」とも称されてきた歴史を背景に、かねてより科学振興に力を注いでいます。
本学の志でもある 「子どもたちの科学への好奇心を育てる」を諏訪市との共有目的として、相互連携により開催してきた 「出張科学教室」は、リピート参加者も年々増え、待ち望まれる 「地域の科学イベント」として定着しています。
市内中学生・高校生のほか、地元企業の方々も参加予定です。

小・中学生はもちろん、高校生にもお楽しみいただける内容となっております。
科学が好きになる「科学の教室」へ ぜひご来場ください!

開催概要

日時 2015年10月18日(日)9:30~14:00
会場 諏訪市立諏訪中学校(長野県諏訪市清水3-3619-3)
対象 小学生(低学年は保護者同伴)・中学生・高校生
主催 学校法人工学院大学、工学院大学科学教育センター、長野県諏訪市教育委員会
後援 長野県諏訪市
持ち物 上履き
その他 参加無料/雨天決行/詳細については随時お知らせします
第6回 諏訪市出張科学教室 チラシ(PDFファイル)

演示テーマ

諏訪市出張科学教室に出展予定の 「演示テーマ」(2015年9月18日18:00現在)です。
※演示テーマの名称や内容、テーマ数などについては、変更になる場合があります。予めご了承ください。