工学院大学 科学教室

例年夏に開催している、7,500人以上が来場する多摩地域最大級の科学イベントです。

工学院大学 科学教室

例年夏に開催している、7,500人以上が来場する多摩地域最大級の科学イベントです。

NEWS

最新情報

2019 / 11 / 11

八王子市教育委員会主催の「中学生理科教室」に、山田昌治教授(応用化学科)と鈴木健司教授(機械システム工学科)が登壇

11月2日と9日、八王子市教育委員会が主催する”大学と連携した中学生向け理科・科学講座「中学生理科教室」”に、工学院大学が協力しました。

NEWS

最新情報

2019 / 10 / 16

10/20諏訪市出張科学教室、開催中止のお知らせ

このたび台風19号による中央本線および高速中央道への被害等を受け、本学関係者ならびに出展者の、諏訪市への移動が困難となりました。
つきましては、10月20日(日)に開催を予定しておりました第8回諏訪市出張科学教室は、やむなく中止とさせていただきます。

NEWS

最新情報

2019 / 09 / 19

2020年わくわくサイエンス祭 科学教室 休止のお知らせ

2020年夏の科学教室について、開催を休止することとなりましたので、お知らせいたします。

NEWS

最新情報

2019 / 07 / 19

8月24日(土)・25日(日)、「第26回 わくわくサイエンス祭 科学教室」開催

8月24日(土)、25日(日)の2日間、八王子キャンパスで開催します。
当日自由にご参加いただけます。直接、会場へお越しください。

8月24日(土)・25日(日)、「第26回 わくわくサイエンス祭 科学教室」開催
ABOUT

科学教育センターとは

工学院大学は、「若者の理科離れ」や「科学教育の危機」といわれる日本の局面に向き合い、本学が独自に構築した『新しい教育システム』としての科学教育振興事業を進めてきました。科学イベントでの大学生・大学院生ならびに中・高大院連携校の生徒諸君の支援参画も加え、学内外を問わない科学教育活動を展開しています。
この活動が評価され、関東工学教育協会より「業績賞」を、日本工学教育協会からは最も優秀な業績と認定され「工学教育賞(文部科学大臣賞)」が授与されました。

<本学の科学教育活動は、日本の子どもたちの未来を見据えています>
創立以来130年にわたり蓄積してきた理工系大学ならではの科学教育ノウハウをベースに、科学教育面における社会貢献活動に取り組んでいます。目的としているのは「青少年の理科・科学への興味を喚起することによる日本の科学教育の普及」です。

SITE MENU

サイトメニュー

for STAFF

【学内関係者向け】演示ご担当の皆様へ

ブランディングの活動をもっと見る