FAA事業用・CFIコース

FAA事業用および飛行教官資格取得をめざす
course
米国が発行する飛行教官の資格取得をめざすコース。米国内のフライトスクールの飛行教官への道が開かれています。近年、日米共に飛行教官も不足しており、需要は高まっています。米国の事業用資格取得後、追加の飛行時間や各試験を経て資格取得をめざします。
*日本国内で飛行教官をめざす場合、JCAB国内、海外ライセンサーA・BコースでJCAB事業用を取得した後、追加の飛行訓練や各試験を経て資格取得をめざせます。

■訓練時間・期間は天候および個人の技量等により変動する場合があります。また、記載の飛行訓練時間は、あくまで平均的な訓練時間です。訓練時間は修得状況により個人差があり、追加費用が発生する可能性があります。
■留学時の米国や米国連邦航空局、提携フライトスクールおよび海外情勢等の事情により実施ができない場合があります。
■渡航に際し、ビザの取得ができない場合は本コースで訓練を受けることができません。
■渡航の際に必要となるビザ申請において、操縦訓練費用(総額)や滞在期間中に必要な生活費など、米国滞在中のあらゆる費用を賄う充分な資金があることを証明する預金残高証明書の提出が必要です。
■渡航(米国内での操縦訓練)に際し、FAA Medical Certificates(3rd class以上)の取得が必要です。診断書の取得ができない場合は本コースで訓練を受けることができません。
■渡航(米国内での操縦訓練)に際し、Alien Flight Student Program(AFSP)にフライトトレーニングの許可申請が必要です。飛行許可が下りない場合は本コースで訓練を受けることができません。
■海外提携のフライトスクール入校に際し英語の能力証明書等は必要ありませんが、海外提携フライトスクールが実施する英会話能力確認試験に合格する必要があります。また、資格取得のための飛行訓練および各種試験(筆記、口述、実技、無線等)はすべて英語で行われ、かつ、渡航前の事前教育も英語が主となるなど、相当の英語力が求められるため、渡航前より推奨英語能力レベルを設定しています。
■記載の飛行訓練内容、飛行訓練時間および訓練費は、2021年5月1日時点のものです。今後、諸状況により予告なしに変更、追加することがあります。

取得できる免許・資格

■FAAおよびJCAB自家用資格
■FAA事業用・飛行教官(CFI)資格
■FAA計器飛行証明


■FAAおよびJCAB自家用ピストン資格
■FAA事業用・飛行教官(CFI)タービン資格