高度な工学知識を兼ね備えた エンジニア・パイロットになろう。

これまで狭き門とされてきたパイロットへの道ですが、世界的な航空需要の増大に伴ってニーズが高まる今、空へのあこがれを実現させる絶好の機会。
費用や語学力などのハードルも、独自のカリキュラムがバックアップします。

NEWS

ニュース

2022 / 11 / 01

航空理工学専攻における一部の操縦訓練コースの募集停止について(重要)

本学の先進工学部機械理工学科航空理工学専攻では、複数の操縦訓練コースを設置しておりますが、新型コロナウイルス感染拡大等の影響を受け、大阪航空を使用する操縦訓練コースについて、固定翼・回転翼ともに募集を停止いたします。

航空理工学専攻における一部の操縦訓練コースの募集停止について(重要)
NEWS

ニュース

2023 / 01 / 17

日本航空(JAL)との連携による操縦訓練コースのカリキュラムを改定

日本航空株式会社(以下、「JAL」)との連携による養成課程でエアラインパイロットをめざす訓練コースのカリキュラムを改定し、学生たちの負担を大幅に軽減しました。本専攻は、高度な工学知識と操縦技術を兼ね備えた“エンジニア・パイロット®”の養成を行っています。

日本航空(JAL)との連携による操縦訓練コースのカリキュラムを改定
NEWS

ニュース

2022 / 10 / 27

航空理工学専攻説明会を開催

10月23日(日)、新宿キャンパスで航空理工学専攻説明会を開催しました。

航空理工学専攻説明会を開催
NEWS

ニュース

2022 / 10 / 17

航空理工学専攻の学生が日本航空(JAL)の施設を見学

10月11日(火)、航空理工学専攻の特任教授で日本航空株式会社のボーイング737-800型機機長の山本潤教授引率のもと、武沢英樹教授(先進工学部 機械理工学科 航空理工学専攻担当教授)と航空理工学専攻第3期生および第4期生の学生7名が、東京・羽田空港にある日本航空安全啓発センターとJAL SKYMUSEUMを見学しました。

航空理工学専攻の学生が日本航空(JAL)の施設を見学
NEWS

ニュース

2022 / 09 / 21

航空理工学専攻第3期生が米国での操縦訓練を終え帰国

6月上旬より、航空理工学専攻の海外訓練提携校であるアメリカ・オレゴン州にあるHillsboro Aero Academy(HAA)で操縦訓練を行っていた第3期生の帰国が9月8日に完了しました。

航空理工学専攻第3期生が米国での操縦訓練を終え帰国
NEWS

ニュース

2022 / 08 / 03

航空理工学専攻説明会を開催

7月31日(日)、新宿キャンパスで航空理工学専攻説明会を開催しました。

航空理工学専攻説明会を開催
NEWS

ニュース

2022 / 07 / 13

武沢教授が航空理工学専攻の米国訓練提携校を訪問

航空理工学専攻の海外訓練提携校であるアメリカ・オレゴン州にあるHillsboro Aero Academy(HAA)を武沢英樹教授(航空理工学専攻担当教授)が訪問しました。

武沢教授が航空理工学専攻の米国訓練提携校を訪問
NEWS

ニュース

2022 / 07 / 08

パイロットをめざす航空理工学専攻の第4期生が飛行操縦体験を実施

7月3日(日)、航空理工学専攻でパイロットライセンスの取得をめざす第4期生が、本学が提携する本田航空株式会社(埼玉県比企郡川島町)で飛行操縦体験を行いました。

パイロットをめざす航空理工学専攻の第4期生が飛行操縦体験を実施
Course

コース概要

Movie

動画

高度な工学知識を兼ね備えた エンジニア・パイロットになろう。

エンジニアを養成する機械理工学科に設置された本専攻の特長を活かし「高度な工学知識と操縦技術」を修得しこれまでにない“エンジニア・パイロット”を養成します。

Admissions

入試情報

Facility

設備

八王子キャンパスに 3台のフライトシミュレーター

キャンパス内でも訓練が積める!
実機訓練期間以外の時期や、卒業後でも、八王子キャンパスではフライトシミュレーターを使用した訓練ができます。固定翼複座1台(6モーション)、回転翼複座1台(6モーション)、固定翼単座1台(4モーション)を設置。資格取得に向けて、確実なステップアップが可能です。

Affiliated Schools

提携校

  • 大阪航空株式会社

    大阪航空株式会社
    Osaka Aviation Inc.

    飛行訓練地:八尾空港(大阪府八尾市)
    大阪航空は、1968年に設立された大阪府の八尾空港を活動拠点に小型飛行機・ヘリコプターの運航およびパイロット養成を行っています。きめ細かな訓練やサポートを行っていて、これまでにパイロットライセンスを取得した受講者は、500名以上にものぼります。
  • 本田航空株式会社

    本田航空株式会社
    Honda Airways

    飛行訓練地:大分空港(大分県国東市)
    1964年に創立された日本最大規模のフライングスクールとして、古くから教育事業に取り組み、数多くのプロフェッショナルを輩出。質の高いカリキュラムを通して、飛行技術だけでなく、操縦士として必要なコミュニケーションスキルを身につけます。
  • Hillsboro Aero Academy

    Hillsboro Aero Academy

    飛行訓練地:ヒルズボロ空港(アメリカ・オレゴン州)
    オレゴン州ポートランドヒルズボロに本部を置くアメリカ西海岸で最大のフライトスクールです。日本人教官も在籍し寮も完備しており、安心して学ぶ環境が整っています。
  • CAE

    CAE

    飛行訓練地:ファルコン・フィールド空港(アメリカ・アリゾナ州)
    パイロット養成プログラムにおける第一人者のフライトスクール。CAEから毎年、1,500人以上のパイロットが巣立っていきます。

ライセンス取得やコース選択、学費などに関する質問はこちらをご覧下さい。

Training Fee

訓練費

訓練費用等についてはPDFをご確認ください。

※記載の費用は、2022年5月1日現在のものです。今後、諸状況により予告なしに変更、追加することがあります。
※訓練時間・期間は、天候および個人の技量等により変動する場合があります。それに伴い、訓練費用や滞在費、各種保険料等も増額(追加費用が発生)します。また、訓練にかかる諸経費は、物価、航空燃料費の上昇および為替レートの変動等の事情により、追加費用が発生する場合があります。

INFORMATION

航空理工学専攻パンフレットは以下よりダウンロード・ご確認いただけます

ブランディングの活動をもっと見る