東京産ハチミツ配合KUTE Honey ボディケアシリーズ 8/20・21に限定販売

2022 / 08 / 18

工学院大学は、学生プロジェクトが企画・開発したKUTE Honey ハンドソープ、KUTE Honey ハンドクリーム、KUTE Honey In The Bath (入浴料)の3点を、京王電鉄株式会社(取締役社長:都村 智史、本社:東京都多摩市)の協力のもと、8月20日・21日に京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターで、期間限定販売します。
  今回の限定販売を受けて、日本経済新聞(8月17日付)でハンドソープの開発について掲載されました。

■日本経済新聞(8月17日付) キャンパス発この一品
https://webreprint.nikkei.co.jp/r/52C6812C16E44469A85B8825047A7107/
※URLをクリックすると記事PDFを閲覧できます

※画像クリックでポスターPDFを閲覧できます

KUTE Honey ボディケアシリーズは、みつばちプロジェクトとScience Create Projectの学生たちが、化粧品メーカーと協働で企画・開発しました。原材料には、キャンパスで養蜂、採取したハチミツが使われており、素材を活かした肌に優しい製品です。リラックス効果を誘うハチミツの甘い香りと天然ハチミツ由来の保湿効果が特徴です。ハチミツは、各種検査機関において設定された規格値に合格しており、材料・製造に至るまで、品質管理と安全性に配慮したものづくりを目指しました。

これまでは非売品として大学関係者等への限定配布を行ってきたため、一般販売は初の試みです。学内外の多くの方々から販売を望む多くの声を受けて、数量限定での販売が実現しました。当日は、学生たちが店頭に立ち、訪れた人々に製品の魅力や原材料で使われたハチミツの養蜂・採蜜の過程などを伝えます。さらに、Science Create Projectは、期間中に科学実験のブースを出展し、実験を通して子どもたちに科学の魅力を伝えます。

みつばちプロジェクト代表 末久 祐仁さん(情報学部情報通信工学科3年)コメント

京王電鉄株式会社の皆様をはじめ、多くの支援者・関係者のご協力のもと、初めてKUTE Honeyシリーズを販売できることになり、メンバー一同、大変うれしく思っています。私たちは、東京の自然の恵みやプロジェクトの活動を多くの人々に知っていただくために、商品の開発を行っています。
一般販売を行うことは、2018年に先輩たちが初めて入浴料を企画した時からの念願でした。

私たちの代では、KUTE Honeyハンドソープを制作しました。花のスッキリした香りとはちみつの甘い香りの割合について試行錯誤を重ね、ほどよい香りで普段使いしやすい商品が完成しました。ぜひこの機会にKUTE Honeyシリーズを手に取っていただき、ハチミツの保湿効果やすてきな香りをお楽しみください。